自称辞書(ジショージショ) [編集]

自称辞書 P 無色[ジョーカーズ] (5)
クリーチャー:ジョーカーズ/スペシャルズ 4000

DMEX-03で登場したジョーカーズ/スペシャルズ

能力欄が縦書きになっており、セイバープラチナ・ドライブ、そして友情ララバイという新規の能力を持っているように見えるが、よく見ると全てフレーバーテキストであり、ただのバニラクリーチャーである。

おまけにパワーコストも中途半端で【バニラビート】くらいにしか入る見込みがない。パワーは1コスト下の《ノウメン》にも劣り、同コストで11000の《破界の右手 スミス》とは比べるまでも無い。

フレーバーテキストについて [編集]

  • DMEX-03には約70個の能力が収録されていると書かれているが、「クリーチャーの能力」の説明としては間違っている。
    • シールを除き、クリーチャーのキーワード能力能力語だけを数えたら50個程度しかない。逆に一文一文を1つの能力とすると明らかに約70個では収まらない。
+  一覧
  • プラチナ・ドライブについては初登場のDMX-12以来、約5年半ぶりに言及されている。「ゲーム中ずっと継続する」と書かれているが、実際にはバトルゾーンを離れるまでである。
  • 友情ララバイでは「自分のバトルゾーンに」とあるが、バトルゾーンは自分と相手で共有する一つのゾーンであるため、「自分の」バトルゾーンは存在しない。
  • これらを見るに、どうやらこのクリーチャーは「一見正しそうなことを書いてるように見せかけて、実は細かい部分に粗がある」エセ辞書なのだろう。
  • DMEX-08版では、デュエマにかかわる裏話や、役に立ちそうにない豆知識が書かれてある。

その他 [編集]

  • 後日公開された原案では、種族まで自称の「自称クリーチャー」であり、「自称」辞書なので中身は白紙であるという設定が明かされた。カード化に際してはデタラメだが辞書としての体裁を持ったフレーバーテキストが与えられ、種族も既存の2種類が加えられたので幾分マシになったと言えるだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]