芸術機甲(げいじゅつきこう)サン・オブ・サンダー》 [編集]

芸術機甲サン・オブ・サンダー C 光文明 (4)
クリーチャー:グレートメカオー 3000+
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
バトルゾーンに相手の多色カードが1枚もない時、このクリーチャーのパワーは+4000される。

DM-25で登場したグレートメカオー
相手が多色カード(多色クリーチャーもしくは多色クロスギア、多色フィールド)をバトルゾーンに出していなければ、パワー7000のブロッカーとなる。
多色カードさえ使われなければ《火炎流星弾》を避けられる強力なブロッカーとなるため、グレートメカオーデッキでは十分一考に値するカードだといえる。

コストでブロッカーを持つグレートメカオーには呪文サルベージ出来る《魔光王機デ・バウラ伯》が存在する。デッキの性質や環境で選ぶといいだろう。

  • 見た目のモデルは、岡本太郎氏製作の大阪万博のシンボル・モニュメント『太陽の塔』であろう。カード名の「芸術」や「サン」(太陽)からも推測できる。また、このカード名は、ロックヘヴィメタルバンドのドライヴァーによる『サンズ・オブ・サンダー』か、メローディックスピードメタルバンドのラビリンスによる『サンズ・オブ・サンダー』も元ネタにしていると考えられる。
  • 「多色クリーチャー」ではなく「多色カード」を参照する点は、転生編で登場していた多色進化クロスギアを意識したものと考えられる。
  • デュエル・マスターズ プレイスではパワーが3500に上昇し、クロスギアが登場しないままこのカードが収録されたためか、「多色クリーチャー」のみを参照するようになった。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-08
    芸術は爆発だ!――芸術機甲サン・オブ・サンダー

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]