英霊王(えいれいおう)スターマン》 [編集]

英霊王スターマン SR 光/水文明 (5)
進化クリーチャー:スターノイド 9000
進化V−自分のライトブリンガー1体とサイバーロード1体を重ねた上に置く。
このクリーチャーが攻撃した時またはバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加える。
W・ブレイカー

DM-12で登場した進化Vスターノイド

ライトブリンガーサイバーロードから進化し、攻撃した時と除去された時にシールド追加する。

サイクルの中では派手さに欠ける能力だが、メタゲーム上で最も活躍できたのはこのカードであった。他の同サイクルカードに比べ、進化元となる種族が軽量で質も高いため、非常に召喚しやすい。

特に手札補充が出来る《クゥリャン》進化元にできるのは大きく、ライトブリンガーの方もS・トリガー持ちである《予言者コロン》《予言者キュベラ》などの有用な1コスト獣が粒揃いである。

さらに文明も合うで初となる進化元サイバーロードである《ガガ・ピカリャン》が登場。《クゥリャン》に続く有力な進化元となり得る。

能力も攻めと守りを同時に行え、聖拳編環境転生編環境では《無双竜機ボルバルザーク》系のデッキに対して高い耐性を持っていた。

神化編において進化元であるサイバーロードライトブリンガーが一気に強化されたため、このカードの扱いやすさは以前にも増して上昇したと言える。

DM-12で登場した進化Vの中ではひときわ評価が高い。

専用デッキについては【英霊王スターマン】を参照のこと。

  • DMX-12で待望の再録を果たしたカードの1つ。これで多少は集めやすくなるだろう。
  • イラストの背景では《超竜バジュラ》が倒されている。この際バジュラは何らかの理由で疲弊していたらしい。実際の対戦で《超竜バジュラ》を倒すにはもちろん何かしらの工夫が必要。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

英霊王スターマン SR 光/水文明 (5)
進化クリーチャー:スターノイド 6000
進化V−サイバーロード1体と光のクリーチャー1体
攻撃する時またはバトルゾーンを離れた時、自分のシールドが9つ以下なら、自分の山札の上から1枚目をシールドゾーンに加える。
このクリーチャーはすべてのバトルに勝つ。
W・ブレイカー

ライトブリンガーを指定していた進化元の一方がの文明指定となっており、TCG版より出しやすくなっている。

また、デュエプレでは初となるすべてのバトルに勝つ能力を持ったクリーチャーとなった。
その代償のためかパワーが6000にダウンしており、《ボルカニック・アロー》《悪魔神ロックデウス》火力範囲内となっている。
それでもバトルで負け知らずになったのは大きな強化で、TCG版の背景ストーリーのように《超竜バジュラ》を倒せるようになったのはもちろんのこと、他の同サイクルの進化V獣に対して有利に立つことができる。

進化元の片方が光になったおかげで、《聖皇エール・ソニアス》と共存しやすくなったのもポイント。
火力確定除去が飛んで来そうな場合は《聖皇エール・ソニアス》を出し、高パワークリーチャーはこちらが対処する、といった役割分担が可能。

バトルに必ず勝てるようになったことから、タップキル戦術を得意とするイニシエートとも相性がいい。

  • 新たに追加されたフレーバーテキストでは、《超竜バジュラ》を倒した経緯が書かれている。察するに、恐らく《スターマン》が追加したシールドに攻めあぐね疲弊したと思われる。TCG版でも同じ方法で倒したのだろうか。
    • 「倒すことは容易だった」と書かれているが、自身のダイレクトアタック時のボイスでは「バジュラの方が手応えあったぞ」と言っているので、皮肉交じりではあれど《スターマン》側から見てもある程度の強者ではあったようである。

サイクル [編集]

DM-12DMPP-05多色進化Vクリーチャーサイクル
背景ストーリーにおいて、TCG版では5体の「王」、デュエプレでは五大王と呼称される。

関連カード [編集]

背景ストーリーのラスボス的存在 [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-05
    破壊の化身と呼ばれたバジュラではあったが、スターマンの作り上げた叡智の防壁を破壊することはできない。疲弊したバジュラを倒すことは王にとってはサイバーロードを再教育するより容易だった。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《パーロック・スマイリーストーリー》があるときに、《英霊王スターマン》の「攻撃した時」に発動する能力を持ったクリーチャーでアタックしました。《パーロック・スマイリーストーリー》《英霊王スターマン》どちらの能力が先に発動しますか?
A.その場合、どちらを先に発動するかは選ぶことができます。
引用元


[1] シールドが10枚の時にシールド追加を行おうとする場合、通常であればそのカードは直接墓地に置かれることになるが、《スターマン》はこの文のおかげで無駄に山札を消費しないようになっている。