(あお)守護神(しゅごしん) ドギラゴン(ノヴァ) [編集]

蒼き守護神 ドギラゴン閃 LEG 光/火文明 (8)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団 13000
革命チェンジ:光または火のコスト5以上のドラゴン
ブロッカー
T・ブレイカー
自分のターンの終わりに、自分の多色クリーチャーをすべてアンタップする。
ファイナル革命:このクリーチャーが「革命チェンジ」によって出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中から進化ではない多色クリーチャーを、コストの合計が6以下になるように好きな数選び、出す。残りを好きな順序で山札の下に置く。

DMBD-15で登場した/メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団

殿堂入りした《蒼き団長 ドギラゴン剣》調整版。踏み倒し元が「マナゾーンまたは手札」から「山札」になり、スピードアタッカー付与警戒の擬似付与になった。文明は、特性革命チェンジ条件共々/になり、ブロッカーも追加された。ブロッカーと警戒効果がシナジーを形成しており、返しの相手のターンに守りに回れる。
ビートダウンに特化している《蒼き団長 ドギラゴン剣》より防御寄りのスペックになった。

山札の上4枚から踏み倒しというのは、若干不安定だが、マナゾーン手札のカードが減らないのは嬉しいところ。
デッキの半分近くをコスト6以下のクリーチャーで占めれば、最悪何も出せないという事は起こり辛い。
コスト踏み倒しの条件が似ている《百鬼の邪王門》と併用するのも手か。

スピードアタッカー付与がなくなったため、ビートダウンを重視するなら、ファイナル革命で自前でスピードアタッカーを持っている、またはスピードアタッカー付与できる能力を持ったクリーチャーを踏み倒したい。特に、《Mの悪魔龍 リンネビーナス》《DORRRIN・ヴォルケノン》は、踏み倒し能力も持っているため、相手のシールド5つの状態からでもダイレクトアタックまでの打点を形成できる。
他にも《「影斬」の鬼 ドクガン竜》は条件付きとはいえ自軍にスレイヤーブロッカーを与え、警戒とはシナジーを形成する。ファイアー・バードドラゴンをサポートする《凰翔竜機ワルキューレ・ルピア》も警戒と相性が良い。

逆に、コントロールで使うのも手。その場合、《勝利のガイアール・カイザー》のようなアンタップキラーを使ったり、光文明お得意のタップキルで、クリーチャーに攻撃しつつ革命チェンジするといいだろう。

単純に1ショットキル失敗時の保険としても優秀。【速攻】同士の対面で相手の《閃光の守護者ホーリー》などのオールタッパーを踏んでしまっても、警戒化と自前のブロッカーのおかげで返しのターンに返り討ちに遭いにくい。

一方、【5色ドギラゴン剣】で使うなら工夫が必要。従来のデッキには革命チェンジ元として《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》をはじめとする自然単色ドラゴンが採用されがちであり、火か光のドラゴンが革命チェンジ元となるこちらと微妙に噛み合わない。逆に光からチェンジできることを活かし、《青寂の精霊龍 カーネル》《最終龍覇 ロージア》等を採用するとよいだろう。

環境において [編集]

発売早々、ファイナル革命先の《ボルシャック・サイバーエクス》とセットで採用した白青赤構築の【連ドラグナー】が結果を残した。

【ドギラゴン閃】のフィニッシャーとしても活躍しており、特に【赤黒ドギラゴン閃】【赤青ドギラゴン閃】での活躍が主体。

DMSP-02期のオリジナル環境では、《ガイアール・カイザー GS》を採用した【赤黒ドギラゴン閃】チャンピオンシップ準優勝を果たしており、これはこのカードブロッカーを持っていることから露骨に対策された結果と言える。

DMEX-15期になるとアドバンスオリジナルを問わず続々と【赤白ドギラゴン閃】の上位入賞が報告されるようになり、そちらが【ドギラゴン閃】の主流となった。

DMEX-16期には往年の【5色ドギラゴン剣】のような詰め性能、デッキ成立直後の【赤黒ドギラゴン閃】のようなデッキパワーを備えた、【青赤緑ドギラゴン閃】が台頭。

DMBD-16DMBD-17【赤緑ボルシャック】が確立すると、《凰翔竜機ワルキューレ・ルピア》ブロッカー化能力を活かすこと、《ボルシャック・栄光・ルピア》ファイナル革命先として出してリソースを稼ぐことを目的に、採用されるケースがちらほら見かけられるようになった。多色ドラゴンの比率が高いため、《凰翔竜機ワルキューレ・ルピア》でのブロッカー化、このクリーチャーでの警戒付与と相性が良く、そのおかげで《閃光の守護者ホーリー》のようなオールタップS・トリガー獣に非常に強い。

【5色天門】ではファイナル革命先のcipを目当てに採用される場合があり、《Disアイ・チョイス》をファイナル革命で捲れば《ヘブンズ・ゲート》にアクセスしてソリティアできる。ファイナル革命を考慮しなくとも無いよりはマシな光のブロッカーなので、最悪《ヘブンズ・ゲート》で直接出す場合もある。

DMEX-17期には【白赤緑ドギラゴン閃】ドラゴンによる戦略をプラスした【白青赤緑ドギラゴン閃】が流行。特にアドバンスにおいてはコントロール寄りの立ち回り方ができる代物となっている。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

その他 [編集]

  • DMBD-15の元となった2017年度の全国大会優勝デッキであるタッチ光の【赤青ドギラゴン剣】のレシピをイメージしたカードだと思われる。
    • このデッキは当時主流であった《閃光の守護者ホーリー》の枠を《Dの牢閣 メメント守神宮》に入れ替え、《ドギラゴン剣》から並べたクリーチャーをブロッカーにしてミラーマッチに有利に立つ、というコンセプトのデッキだった。ブロッカー能力をはじめとする防御寄りの能力はそのイメージであろう。また、ターン終了時の自陣アンタップ能力は、同じく同型メタとしてタッチされていて話題となった《光器セイント・アヴェ・マリア》のオマージュであると考えられる。
  • DMBD-15版のカードは枠が黒く、レジェンドカード特有の文明色の枠ではなかったが、DMEX-17にてこれまでのレジェンドカードと同じ文明色の枠で収録された。
  • 現時点でレジェンドカードでは唯一の敵対色となっている。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.バトルゾーンに相手の《無双の縛り 達閃》が1体いる状況で、自分は火のコスト5以上のドラゴンで攻撃し《蒼き守護神 ドギラゴン閃》に「革命チェンジ」しました。《蒼き守護神 ドギラゴン閃》の「ファイナル革命」能力で、山札の上から4枚表向きにしましたが《無双の縛り 達閃》の効果で1体も出せない場合、どうなりますか?
A.出せなかったクリーチャーは残りのクリーチャーとして扱われますので、全て山札の一番下に置かれます。
引用元

Q.このターン《王来英雄 モモキングRX》《ボルシャック・ドギラゴン》に進化させ、相手に攻撃し、その際、《蒼き守護神 ドギラゴン閃》の「革命チェンジ」の使用を宣言しました。《ボルシャック・ドギラゴン》の「攻撃する時」の能力で相手クリーチャーとバトルして勝ち、《王来英雄 モモキングRX》の「シンカパワー」によりアンタップした後で「革命チェンジ」を解決した場合、《蒼き守護神 ドギラゴン閃》はアンタップ状態でバトルゾーンに出ますか?
A.はい、アンタップ状態でバトルゾーンに出ます。ただし、そのターン中に出た《蒼き守護神 ドギラゴン閃》は召喚酔いしているので、再度攻撃することはできません。
引用元(2021.10.22)

Q.自分は《蒼き守護神 ドギラゴン閃》の「ファイナル革命」で山札を上から4枚表向きにしました。その中から《魔帝連結 ガイゼキアール》のような「EXライフ」を持つクリーチャーを出す場合、どうなりますか?
A.《蒼き守護神 ドギラゴン閃》の能力で表向きにした4枚の下にある、山札の上から5枚目のカードを「EXライフ」でシールド化します。表向きにした4枚は《蒼き守護神 ドギラゴン閃》以外の効果の影響を受けないので、「EXライフ」でシールド化されません。山札が表向きにした4枚しかない場合、シールド化できるカードがないので、《魔帝連結 ガイゼキアール》は「EXライフ」シールドを持たずにバトルゾーンに出ます。
引用元(2021.10.22)