血風戦攻(けっぷうせんこう)リドロ》 [編集]

血風戦攻リドロ R 水/火文明 (3)
クリーチャー:アースイーター/メルト・ウォリアー 3000
ブロッカー
攻撃できない。
破壊された時、自分の手札をすべて捨て、同じ枚数のカードを引く。

DMPP-04で登場した/アースイーター/メルト・ウォリアー

水を含む多色でありながら《貪欲の影グレイ・バルーン》と同じパワー[1]しかないブロッカーだが、破壊されることで手札交換を行う。

マッドネスと組み合わせてくださいと言わんばかりのスペックで、一度手札をすべて捨てるので、相手のターンに破壊されることで確実に手札にあるマッドネスをすべて出せる。

本来相手ターンにpigを使うのは手間がかかるのだが、このクリーチャーはブロッカーを持つのでやりやすい。このクリーチャーよりパワーの高いクリーチャーの攻撃や、《炎槍と水剣の裁》の詠唱をためらわすことができ、マッドネスがなくてもブラフとして使うこともできる。

総じてシンパシー元、墓地肥やし【リドロマッドネス】 (デュエプレ)としての運用が主になる。

  • 効果は強制。必要なカードを捨ててしまったり、手札の総数によっては大きくデッキが減ってしまう。終盤デッキアウトに利用されないように注意。
  • マッドネスでバトルゾーンに出した枚数も、ドローする枚数に含む。
    • 以前のVer.ではドローする枚数に含まれなかった。後に含むのが正しい裁定であるとのアナウンスがあった。
  • マッドネスを出す順番は、手札の左にあるクリーチャーから。自分の場のクリーチャーが7体を超えると手札の右の方のマッドネスは出せず、墓地に行ってしまう。
    • 手札は後から加わったカードが一番右になる。また、他のゾーンを経由せずに手札の順番だけを入れ替える方法はDMPP-08時点で存在しない。
  • 名前の由来は、「再び引く」=「リドロー(redraw)」と思われる。
  • 話し言葉形式のフレーバーテキストだが、珍しくクリーチャー名の記載が無い。語り手は恐らくリドロ本人だろうが。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-04
    はっはっは、戦場に上がる炎も、俺にとってはそよ風だ!

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


[1] カードデザインとして、闇文明のブロッカーは水文明のブロッカーよりパワーが1000低いことが多い