血風神官(けっぷうしんかん)フンヌー》 [編集]

血風神官フンヌー UC 光/火文明 (3)
クリーチャー:ソルトルーパー/メルト・ウォリアー 3500
ブロッカー
スピードアタッカー
自分のシールドを相手のクリーチャーがブレイクした時、そのターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する。

DM-13で登場した/ソルトルーパー/メルト・ウォリアー

自分のシールドブレイクされれば破壊されるデメリット能力を持つものの、3コストパワー3500のスピードアタッカーブロッカースペックはかなり高め。

このクリーチャーの特筆すべき点は、ブロッカーでありながらもプレイヤー攻撃できるスピードアタッカーであること。序盤から攻めにも守りに使える。

環境において [編集]

登場当初は、【赤白速攻】では必須のカードであり、それ以外ではさえ合えば各種ビートダウンデッキの採用候補にも挙がった。当初は、3コストパワー3500のブロッカー&スピードアタッカーはかなり強力であった。攻守ともに隙が少なく、《炎槍と水剣の裁》にも引っかからないパワーラインも評価されていた。

しかし、コンボ性の高い能力は持たず、種族が恵まれないこともあって、年数が経過するごとにその勢いは衰えていった。

《激天下!シャチホコ・カイザー》が登場すると、そのリアニメイト元として一部に注目されたが、他にcip自壊できるクリーチャーとのシナジーが重視され、結局活躍の機会は与えられなかった。

しかし、革命編で登場した《三界 ナラカ・マークラ》の侵略元としての出番が回ってきた。当時のコスト3のスピードアタッカーはこのクリーチャーと《希望の守り手クラップ》だけだったので採用しない手はなかった。《希望の守り手クラップ》が3色なのに対し、こちらは2色なので安定性では勝っていた。ところが、ほぼ上位互換《デュエマ・スター タカ》の登場以降は、あちらの5枚目以降に甘んじることになった。

後に《デュエマ・スター タカ》と共に4枚積みされた【カウンタードギダンテ】公認大会で優勝を取ったという報告が続々とあがった。【カウンタードギダンテ】は《ボルシャック・ドギラゴン》《ミラクル・ミラダンテ》フィニッシャーであり、それら両方の進化元になれる光/火の多色クリーチャーは少なかったため、採用されたのであった。まさに文明の勝利であった。

DMRP-13では強力な/文明のウィニーが多数登場した。中でも《U・S・A・SSIN》は、こちらよりコストが1軽い上にデメリットも無くなっている。それでも全体的にはまだ数が少なく、【カウンタードギダンテ】には変わらず投入されている。

しかし、《U・S・A・NNYAA》やまたもや上位互換となる《神官 フンヌ-2》の登場し、ついにこのカードが入れる枠が埋まってしまった。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

TCG版と同様に【赤白速攻】 (デュエプレ)において採用された。

その後、DMPP-08において《連珠の精霊アガピトス》が登場すると、そのリクルート先としてこれまでにない活躍が見られるようになった。
《アガピトス》の効果でタップしたクリーチャーをスピードアタッカーで即座に殴り返すことができるし、相手ターン中に登場した場合であってもブロッカーとして使うことができ、また、地味に《血風聖霊ザーディア》のシンパシー元ともなる等、何かと【ヘブンズ・ゲート】とは相性が良い。

  • 《アガピトス》が【ドリームメイト】といったビートダウン系統のデッキでも使われるようになってからは、そちらでも採用されるようになった。
  • 《アガピトス》の能力変更によりコスト3の《血風神官フンヌー》は踏み倒せなくなった。

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-04
    暑苦しく迫ってくる、火をまとった信徒。合言葉は勿論、「ふんぬううううう!」

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]