超神星(ちょうしんせい)アポロヌス・ドラゲリオン》 [編集]

超神星アポロヌス・ドラゲリオン SR 火文明 (6)
進化クリーチャー:フェニックス/ティラノ・ドレイク 15000+
進化GV−自分のドラゴン3体を重ねた上に置く。
T・ブレイカー
メテオバーン:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーに「パワーアタッカー+15000」と「ワールド・ブレイカー」を与える。
相手は、このクリーチャーを選ぶ時、自身のマナゾーンにあるカードをすべて墓地に置く。

DM-22で登場した進化GVフェニックス/ティラノ・ドレイク

メテオバーンにより超巨大なパワーアタッカーワールド・ブレイカーを得る。

通常時でもパワー15000、メテオバーンを使うと30000にもなる最大級のクリーチャー。その上ワールド・ブレイカーとなるので、召喚してすぐに攻撃すれば一気に相手のシールドを割って1ショットキルに持ち込める。

ただしブロックは可能なので、見かけほどの突破力はない。小型ブロッカーの軍団には弱いため、ブロッカーが出ていない隙を狙うか、あらかじめ掃除しておきたい。《熱血龍 GENJI・XXX》ブロッカーをまとめて破壊できる上に進化元になるので相性はいい。

また、カード能力の対象に選ばれると相手の全てのマナを吹き飛ばすというほぼアンタッチャブルに近い能力を持っている。そのため、非常に除去耐性が高くフィニッシャーとして強力である。

しかし進化元ドラゴンを3体要求するという非常に贅沢なもの。ドラゴンは大型ばかりであるため、進化しなくても十分な打点があり、このクリーチャーが使われることは少ない。

この難点については《神滅翔天ポッポ・ジュヴィラ》で解消可能。進化元墓地にあればよいので、バトルゾーンドラゴンを並べる手間がなくなって格段に出しやすくなった。《黒神龍グールジェネレイド》などの適当なドラゴンを何体か墓地に用意した後に《神滅翔天ポッポ・ジュヴィラ》を出せば墓地進化同然に召喚できるため、非常に奇襲性が高い。《神滅翔天ポッポ・ジュヴィラ》自体もドラゴンであるため、進化元になれる点で優れている。
またドラゴン・サーガからは軽量のドラゴンが増加していることも出しやすくなった理由の1つである。

非常にオーバーキルスペックではあるが、登場した当初に比べると召喚の難易度は格段に下がっている。派手さを求めてこのクリーチャーコンセプトにしたデッキを組むのも悪くないだろう。

  • DM-22に収録されたカードには目立たないが誤植によるエラッタが存在する。「自分のドラゴン〜」の「ドラゴン」の上に「じぶん」と振り仮名が振ってある。
  • カード名のアポロヌスとはおそらく太陽の神「アポロン」のことだろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

超神星アポロヌス・ドラゲリオン SR 火文明 (6)
進化クリーチャー:フェニックス 30000
進化GV-ドラゴン3体
シンパシー:ドラゴン
ワールド・ブレイカー
メテオバーン3:攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカード3枚を墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のシールドをすべてブレイクする。
相手がこのクリーチャーを選んだ時、相手のマナゾーンにあるカードをすべて墓地に置く。

TCG版では全体的に重めな種族であるドラゴンを3体進化元に要求するわりに、自身も普通に重く出しづらい欠点があったが、それを解消するようにシンパシーが追加された。
最低でも3マナで召喚でき、実戦でも相手の除去が少ないなら1マナで召喚も起こりうる。

また、TCG版ではメテオバーンにより攻撃中パワー30000だったものが、常にパワー+15000されたかのように、そもそものパワーが30000になった。そして、パワーが24000以上のため、無条件でワールド・ブレイカーを持っている。

その変更により空いたメテオバーンには相手のシールドをすべてブレイクできる能力が割り当てられた。
要求枚数は3枚に増えたため、原則1体につき1回しか使えないものの、相手に妨害手段がないのならそのままダイレクトアタックが成立する即死級の破壊力を持つ。

さらに、このメテオバーンは、選ばれた時にトリガーするランデス能力と恐ろしいほど相性がいい。《アポロヌス・ドラゲリオン》のメテオバーンのブレイクでS・トリガーが捲れても、汎用性の高い《デーモン・ハンド》《アクア・サーファー》などでは《アポロヌス・ドラゲリオン》を選ばなくては攻撃を止められない。《ホーリー・スパーク》は対象を選ばないが、《アポロヌス・ドラゲリオン》は攻撃中なので止めることはできない。

これらの長所から、専用デッキ【アポロヌス・ドラゲリオン】 (デュエプレ)が組まれている。

ただ、バトルゾーンに干渉する能力は一切持たないため、あらかじめある程度相手の盤面を押さえておかなければ、ダイレクトアタックが失敗したときに、全ランデスができても、返しの相手のターンに、既にバトルゾーンにいる相手のクリーチャーに総攻撃されて終わるなんてこともあるだろう。

さらにメテオバーンは一発限り。後からシールドを追加されると、それ以降は単体で勝負を決め行うことが難しくなっていく。特にS・トリガー《ヘブンズ・ゲート》から《血風聖霊ザーディア》を出されると、シールド追加ブロックダイレクトアタックまでの道のりが一気に遠のく。

  • 相手目線では、アタックトリガーのメテオバーンでブレイクしたS・トリガーの解決中に攻撃目標が分からないようになっている(Ver.2.1.1)。
    • TCG版の処理に準じた場合、攻撃目標を相手に伝えてからアタックトリガーを発動させるので、このようなことは起こらない。S・トリガーで除去やタップする対象を選ぶときに重要になることもある。
      • とはいえ、プレイング上《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》がクリーチャーを攻撃しつつメテオバーンする可能性は低く、実戦で不利益になることは少ない点は救いか。
    • なお、上の問題は今後のアップデートで修正される可能性が高い[1]。Ver.2.1.2でアタックトリガー中には目標に矢印が表示されるようになったが、《アポロヌス・ドラゲリオン》の場合は「アタックトリガー解決後に行うS・トリガーの解決中」というタイミングのためか修正されておらず、相変わらず攻撃目標が分からない。

ランデスされずにメテオバーンからのダイレクトアタックを防げる可能性のあるカードまとめ [編集]

  • ブロッカーでブロックする
    • 多数該当 ※《アポロヌス・ドラゲリオン》攻撃前に出しておく必要がある

なお、《アポロヌス・ドラゲリオン》の攻撃中にS・トリガー《ホーリー・スパーク》《調和と繁栄の罠》を唱えても、すでに攻撃を開始した《アポロヌス・ドラゲリオン》の攻撃は不発にならず、そのままダイレクトアタックになるので注意。(>攻撃

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


[1] 《アポロヌス・ドラゲリオン》と同じく、アタックトリガーの処理中にどこを攻撃しているか隠されていた《黒龍王ダーク・ジオス》の処理について公式に問い合わせたところ、仕様の修正を予定していると返答が来た。
[2] 1/3でシールド追加