超神星(ちょうしんせい)ビッグバン・アナスタシス》 [編集]

超神星ビッグバン・アナスタシス SR 自然文明 (8)
進化クリーチャー:フェニックス 13000
進化GV−自分のアーク・セラフィム、ドリームメイト、グレートメカオーのいずれか3体を重ねた上に置く。
ブロッカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から5枚をすべてのプレイヤーに見せる。その中からクリーチャーを好きな数、コストを支払わずに召喚してもよい。その後、それ以外のカードを墓地に置く。
T・ブレイカー

DM-23で登場した自然進化GVフェニックス

cip能力山札の上から最大で5体のクリーチャーコスト踏み倒し召喚することができる。

《聖獣王ペガサス》を更に派手にしたような能力であり、5枚めくったカードは好きな順番で出せるため、を先に出せば進化クリーチャーコスト0で召喚することができる。
進化GVの弱点は、その1体のために場のクリーチャーが3体消えてしまうため、逆に展開負けしてしまうというパターンがあることだったが、ある意味でそれを克服する能力とも言える。
8コストフェニックスとしてはかなり重い方だが、進化元の3種族はいずれも軽量かつ展開力に優れており、しかもマナブーストのある自然文明なので、意外に召喚しやすいのもポイント。

しかし当然、通常は山札の上の5枚の内容が分からないために確実性に欠けており、最悪5枚の中に1枚もクリーチャーがない可能性もゼロではない。
そのため、能力を生かすにはデッキ中のクリーチャーの比率を増やすなどの工夫をしておくべきである。特に40枚全てをクリーチャーで構成したデッキは【アナスタシスフルクリーチャー】(ただし、このクリーチャーは重いので、《母なる星域》などの呪文がごく少数入れられることも多い)と呼ばれる。

DMBD-07で登場した《天門ノ裁キ》は願ったり叶ったりの早出し手段。《月光電人オボロカゲロウ》《迎撃機装インサート・ウィング》でパーツを回収したり、《王機聖者ミル・アーマ》で呪文をサポートしながら5ターン目に出してやろう。勿論進化元を除去されると脆いが、逆に除去さえ飛んでこなければグレートメカオーの豊富なパーツ回収手段のおかげで安定して早出しできる。《天門ノ裁キ》には速度で劣るが《ソイルピンプ・キャベッジ》も早出し専用機としては悪くない。

  • DM-32で似た能力を持つ《エンペラー・キリコ》が登場。進化元が1体になり、出せる数が3体に固定されたため、安定性はキリコの方が上で、特にデッキ中のクリーチャーの比率を高めなくてもよいのは大きな違い。しかし、そちらはあまりの強さにプレミアム殿堂に指定されてしまった。
  • ビッグバン(Big Bang)とは宇宙の始まりに起こった大爆発のことで、星ではない。アナスタシス(Anastasis)は「復活」を意味するギリシャ語。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

超神星ビッグバン・アナスタシス SR 自然文明 (9)
進化クリーチャー:フェニックス 13000+
進化GV-アーク・セラフィム、ドリームメイト、ドラゴンのいずれか3体
シンパシー:アーク・セラフィム、ドリームメイト、ドラゴン
メテオバーン3:攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを3枚、墓地に置いてもよい。そうした場合、自分の山札からランダムな進化でないクリーチャーを、バトルゾーンの上限枚数になるまで出す。その後、山札をシャッフルする。(これらのクリーチャーがバトルゾーンに出ることによって起こる効果はすべて無視する)
パワーアタッカー+4000
T・ブレイカー
  • 変更点
    • 名目コストが8から9になり、同時にシンパシーも追加された
    • 進化元が「アーク・セラフィム、ドリームメイト、グレートメカオー」から「アーク・セラフィム、ドリームメイト、ドラゴン」になった
    • ブロッカーが削除され、パワーアタッカー+4000が追加された
    • クリーチャーの踏み倒しの性質が大きく変わった(後述)

TCG版では、cipで山札の上から5枚に含まれるクリーチャー(進化含む)を、召喚扱いで任意でコスト踏み倒しし、踏み倒ししなかったカードは墓地に置く。

デュエプレでは、まずcipではなくアタックトリガーのタイミングで使うメテオバーン3になった。このメテオバーンの発動は任意である。
そして、メテオバーンを発動することで、自分の場の空きを埋め尽くす(自分の場のクリーチャーが7体になる)ように、山札から進化ではないクリーチャーをランダムに出すようになった。
なお、このコスト踏み倒しは「召喚」扱いではなくなっており、クリーチャーが出ることによって起こる効果はすべて無視される。

進化GVでマイナス2体になった盤面を、即座に取り戻すことができる。

シンパシーを活かして大幅コスト軽減したいところだが、そうすると目玉の踏み倒しが活かしにくいというジレンマを背負っている。

《幻獣竜機ボルパンサー》とはデザイナーズコンボになっており《ビッグバン・アナスタシス》でバトルゾーンをドラゴンまたはドリームメイトで埋め尽くせば《ボルパンサー》のアタックトリガーの条件を満たせる。

大量展開の例に漏れず《アポカリプス・デイ》は注意。まともに受けると悲惨なことになる。
ドリームメイトの《ジェネラル・クワガタン》や、ドラゴンの《インフィニティ・ドラゴン》が出ていれば被害を減らすことはできる。ちなみに、それらは自身が破壊されたことのトリガーしかしない。

アーク・セラフィムから進化できる《超神星ヴィーナス・ラ・セイントマザー》も効果自体は有効だが、《ビッグバン・アナスタシス》のタイミングがアタックトリガーになっているため、埋め尽くしたターンにS・トリガーで使われたら対策できない。
その組み合わせを狙うならタップキルなどでシールドを攻撃せずに済む工夫をしたいところである。

シンプルに《ロッポ・ロッポ》などのセイバーを使うのも一考。《アポカリプス・デイ》のケアなら十分役割を果たしてくれるだろう。

  • 《百発人形マグナム》の能力も無視される。
    • 自分の場が7体パンパンになってしまうことを嫌い、自分で《マグナム》を採用して、1体分の空きを強引に作ることはできないので注意。
  • このクリーチャーの唯一無二の個性でもあった自然単ブロッカー能力は削除された。
  • ボイスは全て逆再生となっている。ボイスの内容は「を討つ者」(召喚)「終わらせる」(踏み倒し)「消え失せよ」(攻撃)「役目は果たした」(破壊)「命の輝き」(効果発動)「世界は皆の手で創る物だ」(止め)となる。
    • 何故わざわざ逆再生になっているのかについては、「当初は味方だと思われていなかった」という背景ストーリーに「言語が通じない」という解釈を付け加えたためと思われる。逆に今までのフェニックスは言語こそ通じる(聞き取れるボイス)だが、話している内容は世界征服の目論みなど独善的な物であった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]