超神星(ちょうしんせい)ペテルギウス・ファイナルキャノン》 [編集]

超神星ペテルギウス・ファイナルキャノン SR 水文明 (6)
進化クリーチャー:フェニックス 15000
進化GV−自分のグレートメカオー、グランド・デビル、ポセイディア・ドラゴンのいずれか3体を重ねた上に置く。
自分の他のクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりにこのクリーチャーの下に置いてもよい。
メガメテオバーン6:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを6枚、墓地に置いてもよい。そうした場合、相手はバトルゾーンにある自身のクリーチャーすべてと自身のマナゾーンにあるカードすべてを手札に戻す。
T・ブレイカー

DM-22で登場した進化GVフェニックス

特殊なメテオバーンであるメガメテオバーン6により、相手のクリーチャーおよびマナゾーンの全バウンスができる。

当然ながら2つのゾーンに全バウンスを放つのは非常に強力。バトルゾーンの戦力を奪われた上、マナも満足に出せなくなるのでほぼ何もできない状態となる。《超神星マーキュリー・ギガブリザード》《超神星ネプチューン・シュトローム》と違ってニンジャ・ストライクをほぼ完封でき、返しのターンがきても相手がカードプレイすること自体がほぼ不可能になる。一度能力が発動しさえすれば、それだけでゲームエンドに持ち込む事も難しくない。

普通に出しただけではメガメテオバーン6が使えないため、残り3枚の進化元を別に補充する必要がある。味方クリーチャー破壊される時、かわりに進化元に出来る置換効果を持つので、この能力を使った補充が主になるだろう。
このクリーチャー自身は除去への耐性を一切持たないため、可能ならば出したターン中に下の6枚を揃えたいところ。

単純な戦法では、小型ブロッカーを並べて守りを固め、相手が大型で殴って来たターンの返しにこのクリーチャー進化させるのが有効。タップされた相手のクリーチャーに向かって小型で自爆特攻することで進化元を補充できれば手っ取り早い。進化元であるグランド・デビルグレートメカオーにとっては比較的狙いやすい戦法でもある。

だが、より安定して味方クリーチャー破壊したいならば、他のスーサイド系のカードと組み合わせた方が良いだろう。
登場当時から相性が良かったのは《トラップ・コミューン》。即時メガメテオバーン6を狙うには10マナも必要となってしまうが、デッキのバランスを考える場合、このクリーチャーが出なくても十分活躍できるそちらを採用する手もあり。
《トラップ・コミューン》の代わりに《邪魂転生》を使った場合は9マナで済むが、強制的に6枚もドローする事になるためライブラリアウトの危険性が高く、一長一短といったところか。
他には展開するクリーチャーを調整しつつ、全体除去でまとめて破壊してしまうという手もある。例えば事前にパワーが1000以下のクリーチャーを3体並べてから《鬼奥義 ザコダケ・イッソー》を打てば7マナで済む。

ただでさえオーバーキル進化GVである上に、メテオバーンのための準備も必要であることから、使いこなすのは非常に難しい。しかし、能力が決まった時の破壊力と爽快感も全カード中トップクラスである。

デッキビルディングに自信があるプレイヤーにはぜひ手に取ってもらいたいカードと言える。

専用デッキについては「【ペテルギウス・ファイナルキャノン】」を参照のこと。

ルールについて [編集]

以下公式Q&A

Q.《超神星ペテルギウス・ファイナルキャノン》がいる時に、オーラを付けたGRクリーチャーが破壊される時、GRクリーチャーは置換によって《超神星ペテルギウス・ファイナルキャノン》の下に置かれますが、オーラはどこにいきますか?
A.《超神星ペテルギウス・ファイナルキャノン》の下に行きます。GRクリーチャーと同じ場所に行くため移動するだけで、《超神星ペテルギウス・ファイナルキャノン》にオーラが付いていることにはなりません。
引用元

現在、「無月の門」でオーラの付いた魔道具クリーチャーを選んだ場合、クリーチャーのみが《卍 デ・スザーク 卍》の下に置かれ、オーラは単体ではバトルゾーンに残れないので、状況起因処理により墓地へ置かれる。という正式裁定が公開されているため、《超神星ペテルギウス・ファイナルキャノン》の下にオーラが付いたクリーチャーも下に置かれる場合もため、上記の公式Q&Aと矛盾しているようにも見える。しかし、《卍 デ・スザーク 卍》は4を選んで下に置く都合上クリーチャーと一緒にオーラが下に置かれないのであり、《超神星ペテルギウス・ファイナルキャノン》の場合はオーラはクリーチャーに含まれるカードとして一緒に移動するため、暫定回答では公式Q&Aと同じ処理になると回答が出ている。

  • ドラグハート・ウエポン装備されたクリーチャーが下に置かれる時は、そのウエポンは超次元ゾーンに戻る。クロスギアがクロスされているクリーチャーが下に置かれる時は、クロス状態が解除され、クリーチャーのみが下に置かれる。

表記について [編集]

カード名は「ペ(pe)テルギウス」になっているが、後述の元ネタからして本来は「ベ(be)テルギウス」が正しいと思われる(エラッタは出ていないのでこのままのカード名として扱う)。また、公式HPでは《超神星テルギウス・ファイナルキャノン》になっていたことがあった。こちらは既に修正されている。

DM-22版ではイラストレーター名が「Yuri SSin」になっていたが、正しくはYuri Shinjuroである。DMX-12版では修正された。

テキストにも小さなミスがあり、「グランド・デビル」から中点が抜けて「グランドデビル」になっている。こちらはDMX-12版でも修正されないままである。

  • 上記3つを踏まえると、恐らく、一つのカードで最も誤植の多いカードの一つであろう。

その他 [編集]

  • 『ベテルギウス(Betelgeuse)』とは、オリオン座の赤色超巨星(オリオン座α星)のこと。太陽のおよそ1000倍の直径を持つとされ、惑星型フェニックスのモチーフとしては宇宙そのものであるユニバースの次に巨大である。
  • 派手なフォイルと相まって、イラストの構図か分かりにくいクリーチャーである。虫眼鏡を使ってよく見ると、水色をベースとしたゴスロリ姿の女性が三人いて、巨大な鎌状の武器を両手に持ち、スカートの下や襟元から龍の頭のついた触手を伸ばしつつ、フェニックスの特徴である惑星上の物体を触手で絡めとったような姿となっている。
    • 中心の女性の背中にはスペード状のパーツが12個、円を描いて備え付けられている。このイラストに描かれている女性達は腕が機械状になっていて、いかにもグレートメカオーらしい。また、何本も伸びている龍の頭付きの触手はポセイディア・ドラゴンを意識されており、この女性自体がグランド・デビルの進化形に描かれる女神像と似て描かれている。その額には青く「M」の字が描かれており、沢山のリボンを纏い、何重にも着飾った姿は貴族の女性の様である。また、胸部は大きく書かれており、スプラッシュ・クイーンにも負けていない。
    • 見れば見るほど美しいクリーチャーだが、初登場時は触手とシルエットから「大王イカ」呼ばわりされていた時期もあった。

収録セット [編集]

参考 [編集]