超神龍(ちょうしんりゅう)アルグロス・クリューソス》 [編集]

超神龍アルグロス・クリューソス SR 光文明 (8)
進化クリーチャー:アポロニア・ドラゴン 9500
進化−自分のドラゴン1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを2体まで選び、タップしてもよい。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃できる時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを2体まで選び、タップしてもよい。
W・ブレイカー

DM-23で登場した進化アポロニア・ドラゴン

cip能力メテオバーンで相手のクリーチャータップできる。

似たようなスペック《聖天使クラウゼ・バルキューラ》と比べると、マナコストが重くなって進化元ドラゴンに指定されてしまった代わりにメテオバーンでも2体タップできるようになった。ドラゴンデッキタップキルしたい時、フィニッシュへ持って行きたい際に便利な能力であり、メテオバーンを即使えば4体タップと突破力が非常に高い。

複数タップできるクリーチャーには他に《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》《聖霊龍王 ミラクルスター》が存在する。

前者は進化でないため、タップして即殴り返すということができない。だが、cip攻撃時、ブロック時と3つの機会で2体タップが行えるため、非常に防御力が高い。また種族はドラゴンではないが、ブロッカーなので《ヘブンズ・ゲート》で踏み倒しができる。

後者の《聖霊龍王 ミラクルスター》マナコストが2軽く、進化元クリーチャーであればなんでもよく、パワー12000のT・ブレイカーとパワーが高い。さらにcipのタップはフリーズへと強化されている。
こちらの利点は以外のドラゴン進化元にできる点、メテオバーンで追加タップできる点である。

使いやすさは《聖霊龍王 ミラクルスター》が上回るが、盤面の突破力を重視したいならばこちらでもいいだろう。

  • イラストのモチーフは東宝の特撮映画に登場する怪獣の「キングギドラ」だろう。三本の首、曲がった角などからその特徴がうかがえる。その豪快なイラストは現在でも人気が高い。
  • クリューソス(Χρυσος)とはギリシャ語で金という意味がある。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

超神龍アルグロス・クリューソス SR 光文明 (7)
進化クリーチャー:アポロニア・ドラゴン 9500
進化-ドラゴン
W・ブレイカー
バトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを3体までタップする。
メテオバーン1:攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカード1枚を墓地に置いてもよい。そうした場合、次の相手のターン開始時、相手は自身のクリーチャーをアンタップできない。

メテオバーンは、相手クリーチャーのアンタップを封じる効果になり、メテオバーンの使用タイミングも「攻撃できる時」から「攻撃する時(アタックトリガー)」に変更された。

《聖天使クラウゼ・バルキューラ》のように膠着状態からの突破やタップキルを狙ったり、相手の打点を実質的なフリーズにさせ、返しのターンに逆転されにくい状態にしてからシールドブレイクするという運用法となる。

コストもやはり重く、かの《超竜バジュラ》と同じコスト7である。コスト軽減が豊富なドラゴンでも、相手に邪魔されずに出すのは難しいレベルとなる。

文明や種族などを考慮しない場合、より広範囲をタップできる《超鎧亜キングダム・ゲオルグ》がライバルとなる。
しかも、同じくドラゴン進化には出た時または攻撃の度に火力が使えるコスト6の《超竜騎神ボルガウルジャック》が存在しており、盤面処理の運用面でライバルとなる。

他と差別化するために重要なフリーズだが、cipで3体タップし、そのタップしたクリーチャーをタップキルしつつメテオバーンを使うと、2体しかフリーズできないので、ややもったいない感はある。
また、フリーズさせる方法がメテオバーンなので基本的に1回限り。
結局のところ、取り回しの悪いフリーズを100%活用することにはこだわらないほうが良いのかもしれない。

光が入るドラゴンデッキに1枚程度挿しておけば輝く場面もあるかもしれない。《コッコ・ルピア》と軽量ドラゴンが揃っているなら、手打ちのタップ効果呪文感覚で使える。

  • 相手の場に7体クリーチャーがいる状態でフリーズが成功すれば、仕様により盤面ロックが成立する。
    • ただしそもそも7体クリーチャーがいる状態でゲームが続いている状況がめったにない上、相手に7体いる状態を維持するにはプレイヤーに攻撃するか自爆特攻が必須となるため、実戦ではほとんど狙えない。
  • デュエプレでは珍しく、能力が任意になっている。
    • クリーチャーをタップさせる効果は一見強制だが、0体を選んでタップすることもできるので任意と変わらない。
  • このメテオバーンは相手プレイヤーが対象で、解決してからバトルゾーンに出たクリーチャーもフリーズの対象になる。(ソース
    • 似た効果の《龍装の調べ 初不》は「相手のクリーチャーは次の相手のターンのはじめにアンタップしない」なのでクリーチャーを対象とする継続的効果であり、解決の後に出たクリーチャーは対象外だった。

初出時の性能 [編集]

2021年3月25日に上方修正されるまでの能力は以下の通り。

超神龍アルグロス・クリューソス SR 光文明 (8)
進化クリーチャー:アポロニア・ドラゴン 9500
進化-ドラゴン
W・ブレイカー
バトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを2体までタップする。
メテオバーン1:攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカード1枚を墓地に置いてもよい。そうした場合、次の相手のターン開始時、相手は自身のクリーチャーをアンタップできない。

コストが1多く、cipの相手のクリーチャ—をタップする能力が1体少なかった。

「コスト8のドラゴン進化」となれば、《超神龍バイラス・テンペスト》《超竜ヴァルキリアス》ほどの派手な効果がないと採用に至ることはないだろう。
ちなみに、「相手2体タップ+フリーズ」効果は、TCG版の双極篇時点でコスト4相当である。(《テッケニア・スパーク》)。

  • その重さと文明が祟りDMPP-07環境では案の定使われていない。ただ、効果そのものは魅力的であり、重さが問題になりづらいSPスタートチャージ10では使われることもあった。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-07
    光の超神龍はその威光で、あらゆる敵の動きを止める事ができるのだった。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]