超竜(ちょうりゅう)ヴァルキリアス》 [編集]

超竜ヴァルキリアス SR 火文明 (9)
進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン 13000
進化:自分のアーマード・ドラゴン1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、進化ではないドラゴンを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
T・ブレイカー

DM-16で登場した重量級進化アーマード・ドラゴン

cipマナゾーンから非進化ドラゴン1体をコスト踏み倒しできる。

ドラゴン以外の指定はないため、大型スピードアタッカー《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》はもちろんのこと、呪文をロックする《光神龍スペル・デル・フィン》や強力な除去コントロール性能を誇る《偽りの王 モーツァルト》、相手の展開をシャットアウトする《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》なども出すことが可能。

《ボルシャック・クロス・NEX》《永遠のリュウセイ・カイザー》でも十分に強力。アンタップキラー付与する《偽りの名 バザガジー・ラゴン》も相性がいい。もしくは、あらかじめ《バルケリオス・ドラゴン》を複数枚マナゾーンに埋めておき、《無双竜機ボルグレス・バーズ》で一気にマナ回収して並べるというコンボもある。

踏み倒し能力は強力だが、アーマード・ドラゴンしか進化元にできないことと、マナコストが9と非常に重いことが大きな問題点になってくる。特にアーマード・ドラゴン勝太編に突入してからほとんどプッシュされなったため、今でも通用するスペックを持ったアーマード・ドラゴンは限られているのが悩ましいところ。現状だと、このクリーチャーをサーチしてそのまま進化元になる《闘龍鬼ジャック・ライドウ》か、大量マナブーストを誇る《龍仙ロマネスク》《トップ・オブ・ロマネスク》進化元の候補になるだろうか。《ボルバルザーク・エクス》ともかなり相性が良く、ノーコスト進化元にしたり、マナアンタップ手札から更に別のクリーチャーを出せるようになる。

また、重いマナコストに関しても、重量級進化クリーチャー定番の、《龍仙ロマネスク》《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》《セブンス・タワー》で大量マナブーストからの、《母なる星域》ですばやく引っ張ってくるという動きをするのもいい。

マナを伸ばしつつマナ回収できるカードとしては《飛散する斧 プロメテウス》がいるので、文明が合うならば一考したい。

重いが、豪快かつヒロイックな能力を持つので、このカードのためにデッキを組む価値はあるだろう。

  • 背景ストーリーでは、文明《聖霊王アルファディオス》召喚するために行った化学実験により、汚染された大地の怒りから生み出された。
    • その後、ドラゴン軍団を率いて光文明を壊滅させたものの、圧倒的戦力へ対抗しようとした各文明はゲリラ戦を展開。各地でヒット&アウェイを繰り返す小隊にドラゴン軍団は手を焼く事となり、戦いは混迷を深めていく。
  • 漫画「デュエル・ジャック!!」ではマナトが根切ヤス子戦で使用。これを引かないと負けという場面で見事今引きで引き当て、「FE」と同じくバルキリーを進化元に召喚して《サファイア》を踏み倒し、一気に決着をつけた。

デュエル・マスターズ プレイス では [編集]

超竜ヴァルキリアス SR 火文明 (8)
進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン 13000
進化−ドラゴン
バトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンから進化でないドラゴンを探索し、1枚をバトルゾーンに出してもよい。
T・ブレイカー

踏み倒しに探索が入ったが、コストが1下がり進化元の指定がドラゴン全般に広がったため、格段に出しやすくなった。

  • DMPP-08《龍仙ロマネスク》が登場し、《ロマネスク》のマナブーストと相性が良く、進化すれば自分へのランデスを解除できるためこのクリーチャーの株が上がった。

サイクル [編集]

DM-16の進化ドラゴン
DM-08と異なり、進化元は自身の種族のみ。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-16DMPP-06
    来れ我が龍族よ!今こそ決着の時だ!
  • DMC-39
    その咆哮が轟く時、大地が新たなるを生み出す。
  • DMC-49
    雷鳴と共に超竜が現れ、戦場にクライマックスが訪れる!

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]