超竜騎神(ちょうりゅうきしん)ボルガウルジャック》 [編集]

超竜騎神ボルガウルジャック VR 火文明 (7)
進化クリーチャー:ティラノ・ドレイク/アーマード・ドラゴン 8000
進化−自分のドラゴンまたはティラノ・ドレイク1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、ティラノ・ドレイクの上に置いた場合、相手のパワー4000以下のクリーチャーを1体破壊する。
このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードをすべて見せてもよい。その中にドラゴンがあれば、アーマード・ドラゴンかティラノ・ドレイク以外の、このクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーを1体破壊する。
W・ブレイカー

DM-22で登場した進化ティラノ・ドレイク/アーマード・ドラゴン

進化元種族によって2種類の除去能力が追加される。

ティラノ・ドレイクから進化すると、cipで相手のパワー4000以下のクリーチャーを1体破壊
ドラゴンから進化すると、アタックトリガーで自身と同種族以外の、自身よりパワーの低い相手クリーチャーを1体破壊する能力を得る。

ティラノ・ドレイクドラゴンを併せ持つクリーチャーには、《闘龍鬼ジャック・ライドウ》がいるため、そちらからサーチして召喚するのがいいだろう。

cip能力で焼ける範囲はそこそこ広く、の苦手とする《電脳聖者タージマル》や、呪文に対するアンタッチャブル《墓守の鐘ベルリン》を焼けるのは嬉しい。加えて、自身のパワーが8000と高めなので、アタックトリガー破壊出来ない状況は少ないだろう。

ちなみに、攻撃時の効果進化元パワーは関係なく、このカード自身のパワーで判断される。そのため《光器ペトローバ》等のパンプアップ能力を持ったカードを組み合わせると、焼ける範囲を広くすることが出来る。

とはいえ、除去耐性S・トリガー耐性も無いので、基本的にフィニッシュ前の場の制圧要員となるだろう。その場合、同じく強力な制圧要員である《轟竜凰ドラグランダー》と枠を争う事になりそうである。

このカードを使ったデッキについては「【闘龍鬼ジャック・ライドウ】」を参照。

ルール [編集]

その他 [編集]

  • 漫画「FE」では切札 勝舞T(トト)戦にて切り札として使用。
    同カードを2枚重ねするコンボにより、油断していたトトのクリーチャー3体を全滅させる。しかし、連載中に登場したこのカードは調整中だったようで、実際にカード化されたものとは性能が異なる。

    FEでの性能)

    超神騎竜ボルガウルジャック 火文明 (10)
    進化クリーチャー:ティラノ・ドレイク/アーマード・ドラゴン 12000/10000
    進化-自分のドラゴンまたはティラノ・ドレイク1体の上に置く。
    このクリーチャーのパワーは、ティラノ・ドレイクの上に置いた時、10000になり、ドラゴンの上に置いた時、12000になる。
    このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、ティラノ・ドレイクの上に置いた場合、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。
    このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードをすべて見せてもよい。その中にドラゴンがあれば、アーマード・ドラゴンかティラノ・ドレイク以外の、このクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーを1体破壊する。
    W・ブレイカー

    ※作中にテキストの表示がないため、一部は推測の域を出ない。

    性能に加え、カード名まで実際のものと異なっている。進化元によりパワーが変動するらしい非常に面白いカードとなっていたが、こんなにコストが高くては1ターンに2枚重ねはとても出来はしない。
    勝舞がデッキを作っていた時、エスメラルダが「これはいらないわね」と投げ捨てたり、「こんなコンボどこで使うの?」も頷ける。

    コミックス掲載時(FE6巻)にはコストが実物と同じ7になっているが、それ以外は全てそのままである。コミックス裏表紙には実物のカードが掲載されているのだが。
    トトは「ティラノ・ドレイクに重ねれば、出たとき雑魚クリーチャーを倒す」と言っているが、《コマンダー・テクノバスター》を倒せるほどの条件では、もはや雑魚とは呼べない。

    ちなみに、実物のテキストのままでも、2枚重ねにより《キャプテン・ミリオンパーツ》を破壊することで、問題なく勝てる。

  • 漫画「フラッシュ」では夢実 テルが使用。そのときは実物のテキストだと思われる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]