超絶究極神(ちょうぜつきゅうきょくしん) [編集]

超絶究極神 SR 光/水/闇文明 (マナコストなし)
ゴッド
ゴッド:次のいずれかのゴッド・クリーチャーとして召喚する。
►[光/水(7)]《超絶神ゼン》
►[水/闇(7)]《究極神アク》
《超絶神ゼン》と《究極神アク》がリンク中⇒《超絶究極神ゼンアク》
超絶神ゼン SR 光/水文明 (7)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド 8000+
G・リンク[水/闇(7)]:《究極神アク》とリンクして《超絶究極神ゼンアク》となる。
ブロッカー
W・ブレイカー
各ターン、初めてブロックした時、アンタップする。
究極神アク SR 水/闇文明 (7)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド 9000+
G・リンク[光/水(7)]:《超絶神ゼン》とリンクして《超絶究極神ゼンアク》となる。
W・ブレイカー
自分のゴッドが破壊される時、かわりに手札に戻す。

《超絶神ゼン》は、持つ文明そのものから変わっている。TCG版では、光/自然だったものが、光/水となった。
《ヘブンズ・ゲート》でも出せなくなってしまい、リンク時にQ・ブレイカーを得る能力も後述の通りT・ブレイカーに格下げされてしまったが、1ターンに2回ブロックできるようになる上方修正もある。

《究極神アク》は、能力的には任意が強制に変わったこと以外はそのまま。
ゴッド・カードなので《ギガメンテ》などを使わないとサーチできないなど、仕様レベルではかなり違うが。

超絶究極神(ちょうぜつきゅうきょくしん)ゼンアク》 [編集]

超絶究極神ゼンアク SR 光/水/闇文明 (14)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド 17000
(《究極神アク》と《超絶神ゼン》がリンク中)
ブロッカー
T・ブレイカー
攻撃する時、相手のクリーチャー1体を破壊する。
自分のゴッドが破壊される時、かわりに手札に戻す。
各ターン、初めてブロックした時、アンタップする。
自分のターン終了時、アンタップする。
ゴッド・カード:《超絶究極神》

カタログスペックでは弱体化点は自然が消え、Q・ブレイカーT・ブレイカーに格下げされた程度で、持つ能力自体は強化されている。

しかし、TCG版ではG・リンクが完成したら、破壊される時、モヤシG・リンク時の状況起因処理が組み合わさってどちらかだけが手札に戻り、手札に戻した方を召喚したらまたG・リンクが完成するという粘り強さが特徴だった。
デュエプレだと《超絶究極神》1枚として手札に戻されることとなり、再びG・リンクを完成させるには《ゼン》と《アク》の両方をプレイしなければならない。

しかし、1枚で

  1. 光/水/闇のマナ基盤
  2. 雑に出した《究極神アク》が相手に《超絶究極神ゼンアク》にリンクする脅威を放ち続ける重量級W・ブレイカー
  3. 《超絶神ゼン》もパワー8000未満を2回止める単体で優秀な大型ブロッカー
  4. 《超絶究極神ゼンアク》が超パワーで2回ブロックできる鉄壁かつアタックトリガーで1体除去の警戒というフィニッシャー

となり、やはりゴッド・カードの汎用性の高さが示される結果となった。

コストの高さも《フェアリー・ミラクル》で十分カバーできる範囲である。《超絶究極神》が光/水/闇のマナ基盤になれるのがここでも輝く。

むしろ環境の一角に存在するがゆえ《超絶究極神》の再利用を許さない《魂と記憶の盾》《策略と魅了の花籠》が環境に増加した。
【ドルバロム】でも光と水を入れて《魂と記憶の盾》を採用するレベルである。

破壊で除去しても手札に戻ってしまう」ということは、逆に考えれば「バウンスで除去したら、破壊する効果のカードを使ったのと同じ」ということでもある。《烈流神》のように少ないマナで出し直しされたり、《竜極神》のように出た時の能力を持っているわけではないため、デメリットも小さい。
コストの小さめな《霊鳥と水晶の庭園》や、運次第で墓地送りにできる《執拗なる鎧亜の牢獄》を採用して、《魂と記憶の盾》《デーモン・ハンド》枠をかさ増ししてみるのも悪くないかもしれない。

  • 公式ツイッターでは、それぞれ《究極超絶神》《究極超絶神ゼンアク》と誤表記されていた。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-09
    • 善悪を併せ持つ最強の神が、闇の軍勢を粛正するために地上に顕現する。(超絶究極神/超絶究極神ゼンアク)
    • 秩序を取り戻すため、超絶せし正義が目覚める。(超絶神ゼン)
    • 際限なき混沌が、究極なる力を呼び起こす。(究極神アク)

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]