邪帝類五龍目(じゃているいごりゅうもく) ドミティウス》 [編集]

邪帝類五龍目 ドミティウス SR 自然文明 (9)
クリーチャー:ジュラシック・コマンド・ドラゴン 12000
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から5枚を見る。その中から、コスト7以下の光のクリーチャー、水のクリーチャー、闇のクリーチャー、火のクリーチャー、自然のクリーチャーをそれぞれ1体ずつ選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。

DMR-14で登場したジュラシック・コマンド・ドラゴン

cip山札の上から5枚を見て、その中から各文明コスト7以下のクリーチャーを1体ずつ選びバトルゾーンに出すことができる能力を持つ。

文明は違うが、1コスト上がって出せる数が増えた強化版《サイバー・G・ホーガン》と言える。最大7コスト×5体で35マナ分踏み倒すことができるので非常に強力なカードである。山札の上から5枚も見るため、1体も出せないという事はほぼないだろう。

ただし文明ごとに1体ずつであるため、多色クリーチャーを多めに投入するなどして複数の文明を扱いやすくするようなデッキ構築が求められる。

《サイバー・G・ホーガン》同様《魔龍バベルギヌス》との相性は非常に良い。このクリーチャー能力で出し、このクリーチャーを出し直すことでさらなる展開が可能。

また《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》が捲れれば一斉攻撃が可能である。前述の《魔龍バベルギヌス》と合わせれば山札を10枚見ることが可能であるため、これらを出して1ショットキル出来る可能性は非常に高い。

DMR-14発売時点でも非常に強いカードであるが、今後各文明コスト7以下のクリーチャーが出るたびさらに強化されるので、将来性も非常に高い。
専用デッキについては「【ドミティウス】」を参照。

  • カード名の由来は古代ローマの氏族のひとつ「ドミティウス氏族」か、ローマ帝国第11代目皇帝「ドミティアヌス」からと思われる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]