邪眼王(じゃがんおう)B(ブラッディ)・ロマノフ》 [編集]

邪眼王B・ロマノフ SR 闇文明 (5)
進化クリーチャー:ダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ナイト 8000
超無限墓地進化:闇のクリーチャーを1体以上自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつ出す。
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、このクリーチャーにカードが4枚以上含まれていたら、相手のクリーチャーを1体破壊する。
メテオバーン:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを好きな数、墓地に置いてもよい。こうして墓地に置いたカード1枚につき、相手の手札から1枚見ないで選ぶ。相手はそれを見せて、山札の下に置く。

DMEX-17で登場したダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ナイト

《大邪眼B(ビギニング)・ロマノフ》のリメイククリーチャー。
サイズは一回り小さくなり、パワーが4000下がった分コストは2軽くなった。
進化方式が墓地進化GVから超無限墓地進化となったことで、進化元の枚数が自由になり取り回しがよくなった。
また墓地進化GVの条件である3枚の進化元の名残か、進化元を3枚以上選ぶと確定除去を放てるようになった。

早期に撃てる大量ハンデスはかなり強力であり、コストが軽くなったことは大きな強化である。2ターン目に《悪魔妖精ベラドンナ》マナ加速、3ターン目に《プライマル・スクリーム》と繋ぐと4ターン目には確定除去と最大5枚のハンデスを叩き込める。

即時攻撃できるコスト5以上のドラゴンであるため、革命チェンジとの併用もあり。
特に《完璧問題 オーパーツ》とは相性が良い。手札を全て捨てさせた後にチェンジすることで、相手に2面除去を強いることができる。

あえてメテオバーンを使わないことで豪快な墓地回収も可能。
《スパイラル・ゲート》などの自軍バウンスや先述の革命チェンジなどで墓地のカードを一気に手札に溜め込める。革命チェンジ主体のデッキではある意味で《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》のような使用感となるか。

  • このカードの登場により《B・ロマノフ》という省略表記は不適切となった。口頭だと《ビギニング・ロマノフ》か《ブラッディ・ロマノフ》かで区別できる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]