鋼鉄大使(こうてつたいし)ジャンボ・アタッカー》 [編集]

鋼鉄大使ジャンボ・アタッカー C 光文明 (2)
クリーチャー:グレートメカオー/ダイナモ 2000
ダイナモ

DM-19で登場したグレートメカオー/ダイナモ

ダイナモ能力のみを持った準バニラ

パワーの足しや、グレートメカオー進化元に役立つ。
現在では同じ2コストグレートメカオーがだいぶ増えたが、安定性を求めて準バニラであるこのカードに役目が回ってくる事は多い。

グレートメカオービートダウンデッキを組むのであれば、非力なクリーチャーが多いグレートメカオーの中でコスト2のパワー2000というこのクリーチャースペックはなかなか光るものがある。

  • 後にDMR-08でこのカードの版とも言える《掃除機装サイクロン・クリア》が登場。そちらは純粋なバニラクリーチャー。現状ではバニラという事で伸び代のあるそちらのほうが上といえるかもしれないが、バニラとダイナモのどちらにも拘らないデッキなら両方に採用の余地が有るだろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

鋼鉄大使ジャンボ・アタッカー C 光文明 (2)
クリーチャー:グレートメカオー 1000
自分の他のグレートメカオーはすべてパワーを+1000する。

ダイナモが消え、パワーも1000に下がった。その代わり他の味方のグレートメカオー全てをパワー+1000するという、2コストのクリーチャーとしては破格の全体強化能力を得た。

似た性能の《予言者ラメール》とは違い、無条件でパンプアップできる点で優秀である。
単体では自身のパワーは上がらないが、複数体を並べることで補うことができる。自身が軽く、《機動要塞ピラミリオン》リクルート対象でもあるため、並べるのは容易である。

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-19DMC-31DMPP-07
    鋼鉄大使ジャンボ・アタッカーがやらねば、誰がやる。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]