電磁無頼(でんじぶらい)アカシック・サード》 [編集]

電磁無頼アカシック・サード R 水/自然文明 (2)
クリーチャー:サイバーロード/ビーストフォーク 1000
このクリーチャーがバトルする時、自分の山札の上から、クリーチャーが出るまでカードを表向きにする。そのターンの終わりまで、このクリーチャーは、表向きにされたクリーチャーになる。表向きにしたカードをすべて自分の墓地に置く。

DM-13で登場したサイバーロード/ビーストフォーク

バトル時に山札の上からカードをめくり、最初に出たクリーチャー変身するという唯一無二の能力を持つ。

バトルする時に変化するので、一部の能力はタイミングを過ぎているため使えない(後述)。

また、進化元がいなくても進化クリーチャーになることが可能である。ゴッドになった場合は、対応したゴッドがいればG・リンクすることも可能。(この方法でG・リンクした場合、ターンの終わりに元に戻るため、G・リンクは解除される)

クリーチャーが出るまで山札を掘る事は一見デメリットに見えるが、《転生プログラム》と同じく、呪文を大量に投入する事で《魔光帝フェルナンドVII世》を素早く召喚するという脅威のコンボが可能。ただ、それ以外ではあまり安定しないので、このカードを墓地肥やしとして投入することは稀。

また《イモータル・ブレード》《ルナー・クロロ》で相手クリーチャーをスレイヤー化させた状態で《ケンゲキオージャ 〜究極火焔〜》に変身して相打ちさせることでエクストラウィンも可能(→【アカシック・オージャ】)。《クラゲン》等の山札操作サポートは必須だろう。

ルール [編集]

非常にややこしいため、要確認。主な挙動は以下(上記と重複するものも再掲)。過去のQ&Aも参照。

このクリーチャーの変身能力は、具体的に言えば変身先のクリーチャーの特性をそのままこのクリーチャーに上書きするというもの。パワー能力はもちろん、文明種族特殊タイプもその変身したクリーチャーそのものになる。

  • 変身する前の《アカシック・サード》と変身した後の《アカシック・サード》は、別のクリーチャーという扱いになる。
  • バトルゾーンに出すわけではないので、cipは使えない。同じ理由でコスト踏み倒しメタも反応しない。
  • 変身した《アカシック・サード》を進化させても、その進化先のクリーチャーは変身した《アカシック・サード》と全く同じ特性のままである。参考
  • 《アカシック・サード》が攻撃する/攻撃されることでバトルが発生して変身した場合は「攻撃する時」「攻撃された時」「ブロックされた時」に誘発する能力は使えない。何らかの効果でブロッカーを得た《アカシック・サード》でブロックしてバトルになった場合、変身後の「ブロックした時」も使えない。
  • 上記に加え、「バトルする時」に誘発する能力も使えない。こちらは効果バトルにも適応される。
    • 例えば《電磁無頼アカシック・サード》の能力で《電磁無頼アカシック・サード》に変身した場合、さらに能力を使うことはできない。
  • 墓地クリーチャーがいない時に《黒神龍イゾリストヴァル》に変身しても、墓地に《黒神龍イゾリストヴァル》が置かれるので破壊されない。クリーチャーに変身してから表向きになったカードをすべて墓地に置く、という順番だが、その一連の処理がすべて終わってから《黒神龍イゾリストヴァル》の能力で墓地をチェックするためである。
  • 変身した状態の《電磁無頼アカシック・サード》を進化元進化した場合、進化クリーチャーではなく変身先のクリーチャーを召喚した扱いになる。これは「進化元のクリーチャーが受けた効果は進化クリーチャーが引き継ぐ」というルールにより、「○○というクリーチャーになる」という状態を進化クリーチャーが引き継ぐため発生する。

その他 [編集]

  • cipが使えないことを逆手にとって《水上第九院 シャコガイル》と組み合わせるのも良かろう。《シャコガイル》のcipによる山札回復を回避できるため、大量に山札を掘ることができるこのカードの能力をフルに生かせる。
  • 別のクリーチャーに変身するというオンリーワンな能力の持ち主だが、これまで一度も再録されたことがなく、集めるのは難しい。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

電磁無頼アカシック・サード R 水/自然文明 (2)
クリーチャー:サイバーロード/ビーストフォーク 1000
バトルする時、このクリーチャーを山札のランダムな進化でない《電磁無頼アカシック・サード》以外のクリーチャーと入れ替える。その後、山札をシャッフルする。

そのターン限定の変身から、革命チェンジなどで行われる「入れ替える」に変更された。進化クリーチャーは選ばれず、入れ替えなので《電磁無頼アカシック・サード》は山札に戻る。

パワーが1000と低く、《ファントム・バイツ》など軽量除去で簡単に除去できてしまう。そのため、相手に妨害されずにトリガーさせたいのなら《スクランブル・ブースター》などと組み合わせて使いたい。

しかし、ただバトルゾーンに置いておくだけでも、バトルすると何が飛び出してくるかわからない性質のため、事実上アタックもブロックもされないクリーチャーとして使うこともできる。
進化条件が変更された《永刻のクイーン・メイデン》と色が合い、2→3と綺麗に繋がるクリーチャーでもある。

特にコンボを考えなくとも、トリガーすれば《電磁無頼アカシック・サード》以外の何かと入れ替わる形になるため、構築次第だがパワー1000よりは強くなる可能性が高い。

DMPP-08で登場した《運命の選択》により強化された。山札から確実に《アカシック・サード》をリクルートすることを可能にし、手札に《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》など火のクリーチャーを握っていれば、《アカシック・サード》をスピードアタッカー化もできる。
さらに、同じくDMPP-08で登場した非クリーチャー扱いのゴッド・カードとも好相性。デッキ内のアタッカーを確保しつつ、《アカシック・サード》で確定でフィニッシャーを出す構築が強化された。

呼び出し候補については【アカシック・サード】 (デュエプレ)を参照。

  • テキストの調整により、バトルゾーンの《アカシック・サード》と山札のクリーチャーを入れ替える処理になっている。TCG版の印象から《アクア・パリン》変身が起こると勘違いしないように。

ルール [編集]

TCG版革命ファイナルで登場した「入れ替える」という処理が行われるため、デュエプレユーザーにはややこしく感じられやすい。

また、なぜ入れ替わったクリーチャーのアタックトリガーが発動しないのかというのも、攻撃ステップの流れをきちんと把握しなければ納得し難い。

  • 入れ替わった先のクリーチャーのcipは発動する。(参考
  • 《アカシック・サード》が受けていた、パワーの増減などの継続的効果は入れ替わったクリーチャーには引き継がれない。(参考同上)
  • 入れ替わったクリーチャーのcipはバトル前に処理される。cipの処理などによってバトル相手のクリーチャーがいなくなった場合は、バトルは行われない。
  • 入れ替わったクリーチャーがアタックトリガー能力を持っていても、入れ替わった時にはそのアタックトリガーは発動しない。
  • 山札に入れ替えの対象となるクリーチャーがいない場合は、入れ替え能力は不発となり、そのままバトルが行われる。(参考

以下はTCG版とは異なる挙動(問い合わせたらデュエプレの仕様とのこと)

  • 《アカシック・サード》が「バトルする時」と能力にあるクリーチャーと入れ替わった場合、入れ替え先の「バトルする時」能力が誘発する。
    • 例えば、《アカシック・サード》が《黒神龍ギランド》と入れ替わったら、《ギランド》の逆スレイヤーが解決され、《ギランド》は破壊される。
    • TCG版では、「バトルする時」の解決が始まってから、そのバトル中に「バトルする時」が現れても、誘発タイミングを過ぎているためその能力はトリガーできない。
  • TCG版では2020/11/19付けの総合ルール更新で、「入れ替える」に「条件付き置換効果」を組み合わせると、無条件でバトルゾーンにとどまる扱いとなったが、デュエプレではそれ以前の処理と同様に、「条件付き置換効果」は適応され、結果として「入れ替える」が不発となる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-04(デュエプレ内)
    アカシック計画は想定以上の結果をもたらした。あらゆるクリーチャーを模倣できる超生物アカシック・サードが誕生したのだった。
  • DMPP-04(公式カードリスト)
    アカシック計画によって誕生した超生物。アカシック・サードはあらゆるクリーチャーを模倣できる、想定以上の結果がもたらされた。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《電磁無頼アカシック・サード》がバトルする時、表向きにされたクリーチャーが《黒神龍イゾリストヴァル》で、墓地に闇クリーチャーが1体もない場合、バトルする前に墓地に置かれますか?(05.03.26)
A.いいえ、置かれません。《電磁無頼アカシック・サード》の能力で、表向きにされたカードはすべて墓地に行くため、墓地に送られた《黒神龍イゾリストヴァル》によってこの《電磁無頼アカシック・サード》はパワー2000のクリーチャーとなります。

Q.《電磁無頼アカシック・サード》がバトルする時、表向きにされたクリーチャーが《無双竜機ボルバルザーク》だった場合、どうなりますか?(05.03.26)
A.《電磁無頼アカシック・サード》はパワー6000のアーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン《無双竜機ボルバルザーク》となり、ターンの終わりまでスピードアタッカーW・ブレイカーを得ます。ただし《無双竜機ボルバルザーク》をバトルゾーンに出したわけではないので、他のパワー6000のクリーチャーをすべて破壊したり、追加ターンを得たり、次のターンの終わりにゲームに負ける、ということはありません。

Q.《電磁無頼アカシック・サード》がバトルする時、表向きにされたクリーチャーが《アクア・ナイト》で、『電磁無頼アカシック・サード』がターン終了までに破壊された場合、手札に戻りますか?(05.03.26)
A.はい、《アクア・ナイト》の能力によって、《電磁無頼アカシック・サード》は墓地に置かれるかわりに手札に戻されます。

Q.《電磁無頼アカシック・サード》がバトルする時、表向きにされたクリーチャーが《バザガジール・ドラゴン》だった場合、自分のターンの終わりに手札に戻しますか?(05.03.26)
A.はい、ターンの終わりに手札に戻します。

Q.《電磁無頼アカシック・サード》は、表向きにされたクリーチャー《プリーチ・トマト》になり、ターンが終わる前に破壊されました。墓地に置かれた後でも、このカードは表向きにされたクリーチャー《プリーチ・トマト》のままですか?(05.03.26)
A.いいえ、《プリーチ・トマト》の能力はバトルゾーンにある間だけ有効なので、それがバトルゾーンを離れた瞬間に、またもとの《電磁無頼アカシック・サード》に戻ります。

Q.《電磁無頼アカシック・サード》が表向きにされたクリーチャー《プリーチ・トマト》になった時、このクリーチャーは召喚酔いしますか?(05.03.26)
A.いいえ、バトルゾーンに出したのではなく、クリーチャーの内容が変わっただけなので、召喚酔いはありません。

Q.《電磁無頼アカシック・サード》がバトルする時、表向きにしたクリーチャーが《フェイト・カーペンター》でした。この場合、《電磁無頼アカシック・サード》《フェイト・カーペンター》になりますが、「このクリーチャーをバトルゾーンに出した時」のトリガー効果を使うことはできますか?(05.03.26)
A.いいえ、クリーチャーをバトルゾーンに出したわけではないので、その能力を使うことはできません。《電磁無頼アカシック・サード》はクリーチャーの内容が変わっただけになりますので、「このクリーチャーが攻撃する時〜」や「このクリーチャーがブロックされた時〜」で始まる能力も発動されません。

Q.《電磁無頼アカシック・サード》の「このクリーチャーは、表向きにされたクリーチャーになる」とはどういうことですか? (05.03.26)
A.《電磁無頼アカシック・サード》は、表向きにされたクリーチャーのカードの特性などを全て備えた物になるという意味です。その間、もともと《電磁無頼アカシック・サード》が持っていたものはすべて無効になります。

Q.《電磁無頼アカシック・サード》がバトルする時、表向きにされたクリーチャーが進化クリーチャー《パシフィック・チャンピオン》でした。この時、《パシフィック・チャンピオン》に変身した《電磁無頼アカシック・サード》はバトルを行うことができますか?(06.05.25)
A.はい、バトルを行う事ができます。2006年のルール改正により、一度場に出てしまった進化クリーチャーは進化元がなくなってしまっても、バトルゾーンに残れることになりました。
引用元

Q.《電磁無頼アカシック・サード》が「このクリーチャーがバトルする時」の能力で《青銅の鎧》になっています。この《電磁無頼アカシック・サード》《大勇者「ふたつ牙」》進化した時、「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」の能力はどうなりますか?(2020.2.26)
A.別のクリーチャーになっている《電磁無頼アカシック・サード》は、進化しても効果を引き継いでいます。この場合、《電磁無頼アカシック・サード》は進化しても《青銅の鎧》ですので、《青銅の鎧》が持つ「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」の能力を使用します。
引用元


[1] 2019/11/08年正式回答