電磁賢者(でんじけんじゃ)シリオン》 [編集]

電磁賢者シリオン UC 光/水文明 (3)
クリーチャー:グラディエーター/サイバーロード 4000

DM-12で登場したグラディエーター/サイバーロード

白青/コスト3のパワー4000バニラ

種族文明的に《超戦攻賢者アギラ》《英霊王スターマン》進化元として意識されてデザインされている。サイバーロードとしてが絡んだ《超電磁妖魔ロメール》にもアクセス可能。

《アクアン》が4枚使えた頃は、「《アクアン》で落ちないサイバーロード」として使われていた。

基本的に3マナ圏のグラディエーターとしては《宣凶師キンゼラ》のほうが使いやすく、サイバーロード《コーライル》《クゥリャン》などのcip持ちが進化元になることが多いため、このカードはあまり使われない。

2018年12月のルール変更により「多色カードはマナゾーンにタップインする」事がルールとして定められ、それまで「マナゾーンに置く時、このカードタップして置く」しかテキストに記されていなかったこのカードは「カード能力が書かれていないクリーチャー」、すなわちバニラとして扱われるようになった。これによって、「『3コストバニラサイバー』として最大のパワーを持つ」という唯一無二の差別化点が生まれた。
もっとも、【バニラビート】青緑で組まれるのが一般的で、その場合不純物となるを含むカードはそれだけでも【バニラビート】で敬遠されるのだが。
白青で組む場合はのコスト1バニラが優先される。

デュエル・マスターズ プレイスにおいて [編集]

DMPP-03で登場。DMPP-03では他のグラディエーターは収録されておらず、デュエル・マスターズ プレイス初のグラディエーターとなった。

スペックは、TCG版のままだが、後にデュエプレに実装された《英霊王スターマン》の指定進化元が、TCG版より緩和されたことによって、サイバーロード側、のクリーチャー側の両方に対応する申し分ない進化元となった。

同時に実装された《聖皇エール・ソニアス》の進化元としても適しており、《英霊王スターマン》《聖皇エール・ソニアス》を同じデッキに入れるなら、間違いなく必須のカードとなるだろう。

サイクル [編集]

DM-12の3コストパワー4000の多色バニラクリーチャーサイクル
すべて同弾に収録された進化クリーチャー進化することができる。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]