電脳の女王(ハックイーン) アリス/不埒な再侵入(プラチナ・ハッキング) [編集]

電脳の女王 アリス P 水文明 (3)
クリーチャー:アウトレイジMAX 3000
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を手札に加え、1枚を墓地に置き、残りの1枚を山札の上に置く。
不埒な再侵入 P 闇文明 (7)
呪文
S・トリガー
相手のクリーチャーを1体破壊する。
自分の山札の上から3枚を墓地に置いてもよい。

DMBD-17で登場したアウトレイジMAX呪文ツインパクト

クリーチャー面はcipで疑似《シークレット・クロックタワー》を使える。そちらと異なり1枚は山札の下ではなく墓地に置かれる。
コスト的に見ると、マナブーストの代わりにデッキトップを固定するようになった《天災 デドダム》というべきか。
《デドダム》との最大の差は単色であることであり、安定して3ターン目に着地できるのがポイント。こちらの面だけを使う目的なら【青単】や【赤青《“必駆”蛮触礼亞》】にも入れられる点で汎用性に優れる。《無重力 ナイン》G・ゼロを達成できる点も見逃せない。
山札操作も侮れない効果であり、手札の質を高める他、ビビッドローの発動や《無限皇 ジャッキー》などのコスト踏み倒しと非常に相性が良い。
その分、自然マナ基盤にはならない他、マナ加速が出来ない、コマンドを持たない、等の点で一長一短。こちらは呪文面で受け札になることも意識したい。

呪文面は《デビル・ハンド》相互互換
ハンド名称カテゴリに入らないため、《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》と同じデッキにいれるなら下位互換だが、ツインパクトであるという大きなメリットがあるため、デッキ構成と要相談といったところ。

両面ともに墓地肥やし能力を持ち、更にツインパクトの恩恵で呪文面を唱えつつ墓地クリーチャー数を増やせる。
よって墓地クリーチャー数を参照する【墓地ソース】とは極めて相性が良い。【墓地ソース】の初動3コストとしては墓地に落とせるカードの枚数が少ないのが気がかりなので、呪文面をメインとした防御札としての運用が主になるだろう。《戯具 ヴァイモデル》《ツルハシ童子》などの防御と墓地肥やしを同時に行うS・トリガーと枠を争うことになる。こちらは上手く初動カードを引き込めなかった場合にクリーチャー面を無理なく手打ちできる点で優れる他、序盤に欲しいマナを生み出せる点も差別化要素になる。

呪文面が全く同じ能力である《デビル・ハンド》【カリヤドネループ】に採用された実績を持つため、そちらにも適性がある。
クリーチャー面は自分の呪文コスト加重効果を受けた時のとりあえずのアクションに使える。

  • もしもテキストが「自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を手札に加え、1枚を墓地に置く。」だったとしても、現状と全く同じ挙動となる。「山札を順番を変えずに見る」効果は、その効果が終了した時点ですぐに山札の元の位置に裏向きで戻すという原則があるからである。
  • カード名の呪文面は「不埒な(ふらちな)」と「プラチナ」が掛かっており、さらに「プラチナ=白金(はっきん)」と「ハッキング」が、そしてクリーチャー面の「ハックイーン (Queen)」と「ハッキング (King)」が掛かっている。アウトレイジらしい秀逸なネーミングである。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMBD-17
    その情報の対価は、アリスの命。

収録セット [編集]

参考 [編集]