電脳聖者(でんのうせいじゃ)エストール》 [編集]

電脳聖者エストール UC 光/水文明 (5)
クリーチャー:イニシエート/リキッド・ピープル 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま自分のシールドに加え、相手のシールドを1枚見てから元の場所に戻す。

DM-10で登場したイニシエート/リキッド・ピープル

DM-10DM-26コスト5パワー2000の多色cipクリーチャーサイクルの1体で、このカードシールド追加シールド確認を持つ。

このサイクルの水文明すべてに言えることだが、シールド確認が地味。このクリーチャーの場合、情報アドバンテージを考慮しなければ、実質シールド追加しか行えない。シールド追加は魅力的だが、やはり同サイクルの《腐敗聖者ベガ》《無頼聖者スカイソード》ハンデスマナブーストできることを考えるとイマイチなスペック

ただ、この2色のデッキが総じて防御的で長期戦向きなのこともあり、他の水文明の入ったサイクルと比べれば使い勝手はそこまで悪くはない。墓地回収を絡めて何度も使い回すと、相手のシールドを筒抜けにしながら自分側を鉄壁にすることも可能。
しかしながら、この文明でこの種族だとやはり《電脳聖者タージマル》の存在が大きいため、漫画作中でとられたようにシールド確認を絡めたコンボを使う場合を除いては、よほどデッキコンセプトマナカーブと合いそうな時以外は使われなさそうである。

  • DM-26も含めて、同サイクルの水文明の中では唯一再録されている。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

電脳聖者エストール R 光/水文明 (5)
クリーチャー:イニシエート/リキッド・ピープル 2000
バトルゾーンに出た時、カードを1枚引く。その後、自分のシールドが5つ以下なら、自分の山札の上から1枚目をシールドゾーンに加える。

サイクル共通のレアリティ変更、の共通の調整としてのシールド追加の条件付与、の共通の調整としてドロー効果への変更をそれぞれ受けた。

シールド追加は条件付きとはいえ、まだ1度も追加していなければ必ず追加できる。ビートダウンデッキに対しては、即効性の1ドロー+遅効性の1枚補充となれる。

スペックはかなり良好になり、DMPP-03期ではかなり高い使用率があった。
シールド追加で攻撃を阻止しつつ、ドローで手札も整えることができる。《聖天使グライス・メジキューラ》《聖天使クラウゼ・バルキューラ》の進化元になれるのも採用理由だった。

DMPP-04期では使用率が低下した。
ウィニーでありながらW・ブレイカーになって襲い掛かってくるウェーブストライカー軍団や、《無双竜機ボルバルザーク》系統のデッキに押し切られる場面が目立ち、使用率は低下の一途をたどっている。

  • フレーバーテキストはDM-10から変更されていないため、何がなるほどなのかがわからなくなってしまっている。自分の引いたカードに対してだろうか。
  • プライズ版のイラストはロックマンエグゼのロックマンになっている。イメージカラーや、「電脳」とロックマンのオペレーターの光(文明)熱斗に由来だろうか。《エストール》の名残として、元イラストの彼が背中から生やしていた金色の触手を同様に生やしている。
    • フレーバーテキストのソウルユニゾンとは、ロックマンが対象のナビと魂を共鳴することで、そのナビに近い姿と能力になるパワーアップ形態のこと。

サイクル [編集]

DM-10DMPP-03友好色

DM-26対抗色

詳細は多色cipサイクルを参照。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]