霊翼(れいよく)(たから)アルバトロス》 [編集]

霊翼の宝アルバトロス R 闇/火/自然文明 (6)
クリーチャー:パンドラボックス/ゼノパーツ/ビーストフォーク 3000
このクリーチャーが破壊された時、自分の墓地からコストの合計が5以下になるようにクリーチャーを2体まで選び、バトルゾーンに出してもよい。そのターン、それらのクリーチャーは「スピードアタッカー」を得る。

DM-26で登場したパンドラボックス/ゼノパーツ/ビーストフォーク

pig能力で小型のクリーチャーを最大2体までリアニメイトできる多色クリーチャー

リアニメイトできるクリーチャー文明に指定は無く、さまざまな用途での使用が考えられる。リアニメイトしたクリーチャーcip能力を使うために利用してみたり、スピードアタッカーを得ることを生かしてビートダウンの締めに使うのも面白いだろう。

難点は自身の重さと能力の誘発条件がpigであることによる速効性の低さ。
幸いこのカード自然文明を含んでおり、同種族にはマナブーストの定番である《青銅の鎧》が存在するので、コストの重さはそこまで気にならない。
後は文明であることを活かして《邪魂創世》などで破壊して能力を起動することになるだろうか。

  • アルバトロス(Albatross)とは日本語でアホウドリのこと。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

霊翼の宝アルバトロス VR 闇/火/自然文明 (6)
クリーチャー:パンドラボックス/ゼノパーツ/ビーストフォーク 3000
スピードアタッカー
破壊された時、自分の墓地からコスト5以下の進化でないクリーチャーを探索し、2枚をバトルゾーンに出す。そのターン、それらのクリーチャーは「スピードアタッカー」を得る。

このクリーチャー自身にスピードアタッカーが追加され、コスト合計5以下になる2体から、コスト5以下を2体に変更された。
進化クリーチャーは出せなくなったが、コスト5以下を2体まで探索して出せるようになり、どちらかというと出せる範囲は広くなっている。

やや相手依存になるが、パワー3000以上の相手クリーチャーに自爆特攻すれば能動的にリアニメイトできる。自身がスピードアタッカーなので奇襲性もある。

  • テキストは「探索し、2枚を」であり、《ギガルゴン》と同じく同名カードは探索では1つの選択肢になるため、同名クリーチャーを2体出すことはできない。

ルール・仕様の注意点 [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-08
    仙界には五文明が五つに分かれる前に持っていたエネルギーが満たされている。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


[1] 総合ルール400.7.より、バトルゾーンにカードを移動させる場合は「同時に移動させる」ことはできず、1枚ずつ出していくことになる。