霊騎幻獣(れいきげんじゅう)ウルコス》 [編集]

霊騎幻獣ウルコス C 光/自然文明 (3)
クリーチャー:アーク・セラフィム/ドリームメイト 2000
バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

DMPP-08で登場した光/自然のアーク・セラフィム/ドリームメイトゲームオリジナルカード

色とコストが非常に優秀で、1〜2ターン目にはマナ基盤として使え、3ターン目に《青銅の鎧》と同じ使い勝手でマナブーストができる。
種族もアーク・セラフィムドリームメイトの2種族を持ち、特に、ドリームメイトであるため3→5マナの動きで《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》に繋げることができる。

これまでの光/自然の多色クリーチャーでマナブーストが可能な《勇猛護聖ウォルポニカ》《無頼聖者スカイソード》よりも早くバトルゾーンに出ることができるが、それぞれ種族と副次効果が違うため、目的に応じて使い分けると良いだろう。

類似カードの《青銅の鎧》よりパワーが1000高くなっているため、《ピアラ・ハート》《貴星虫ドレインワーム》で破壊されないのも優秀である。
とはいえ、2000以下が除去範囲な《ファントム・バイツ》などにはやられてしまうのは仕方ないか。

コスト3の光のクリーチャーであるため、ナーフ前の《連珠の精霊アガピトス》から出せた点も強力だった。《アガピトス》1枚からクリーチャー2体+マナブーストと大きなアドバンテージを得られた。

《連珠の精霊アガピトス》のナーフ後は、流石にコントロールデッキにも問答無用で入るカードではなくなり、環境全体としては《ウルコス》と遭遇する機会は減った。もちろん色や種族の合うビートダウンデッキでは高確率で入る。
コントロールデッキのコスト3のマナブーストカードには《クルセイド・チャージャー》《フェアリー・ミラクル》などが登場したため、《アガピトス》とのシナジーを失った《ウルコス》は入らなくなったという事情もある。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]