霊騎幻獣(れいきげんじゅう)ウルコス》 [編集]

霊騎幻獣ウルコス C 光/自然文明 (3)
クリーチャー:アーク・セラフィム/ドリームメイト 2000
バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

DMPP-08で登場した光/自然のアーク・セラフィム/ドリームメイトゲームオリジナルカード

色とコストが非常に優秀で、1〜2ターン目にはマナ基盤として使え、3ターン目に《青銅の鎧》と同じ使い勝手でマナブーストができる。
種族もアーク・セラフィムドリームメイトの2種族を持ち、特に、ドリームメイトであるため3→5マナの動きで《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》に繋げることができる。

これまでの光/自然の多色クリーチャーでマナブーストが可能な《勇猛護聖ウォルポニカ》《無頼聖者スカイソード》よりも早くバトルゾーンに出ることができるが、それぞれ種族と副次効果が違うため、目的に応じて使い分けると良いだろう。

類似カードの《青銅の鎧》よりパワーが1000高くなっているため、《ピアラ・ハート》《貴星虫ドレインワーム》で破壊されないのも優秀である。
とはいえ、2000以下が除去範囲な《ファントム・バイツ》などにはやられてしまうのは仕方ないか。

多色特有のデメリットもあるが、それを差し引いても《青銅の鎧》より優秀で、もはや《ウルコス》をスムーズに使えることを基準にデッキの多色の枚数を決められるといっても過言ではない。
DMPP-08では《青銅の鎧》の種族であるビーストフォークのメリットが少なすぎるのも《青銅の鎧》が使われていない原因でもある。
光が入らないデッキにおいても、パワー1000のクリーチャーが残ることに価値を見いだせないなら自然単色でコスト2の《フェアリー・ライフ》があり、その点でも《青銅の鎧》は苦しい立場にある。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]