霊黒接続(れいこくせつぞく) スピリガリア》 [編集]

霊黒接続 スピリガリア UC 光/闇/自然文明 (6)
クリーチャー:ディスペクター/ダークロード/ミステリー・トーテム 4500
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
マッハファイター(このクリーチャーは、出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
スレイヤー(このクリーチャーがバトルする時、バトルの後、相手クリーチャーを破壊する)

DMRP-19で登場した//自然ディスペクター/ダークロード/ミステリー・トーテム

EXライフブロッカーマッハファイタースレイヤーの4つのキーワード能力を持つ。
スレイヤーを持っているためか、6コストというコストに対してパワーが低めでW・ブレイカーパワード・ブレイカーも持っていない。
その分、EXライフブロッカーマッハファイターというスレイヤーと相性の良いキーワード能力を3つも併せ持つため、もっぱら対クリーチャー戦闘に特化したディスペクターと言える。
EXライフスレイヤーのコンボにより、どんなクリーチャーでも破壊耐性を持たない限り1体は一方的に討ち取ることができる。
スレイヤーマッハファイターとして相手クリーチャーを問答無用で攻撃して破壊したり、スレイヤーブロッカーとして相手の攻撃を牽制したりできる。
要注意点としては、警戒等に代表される自己アンタップ能力を持たない点がある。マッハファイターで突撃すれば返しの相手ターンでの防衛に参加できず、ブロッカーとして運用する場合折角のマッハファイターが腐ってしまい、「バトルさえすればEXライフスレイヤーによって自分だけ生き残りつつ相手クリーチャー破壊できる」というこのクリーチャー最大の強みを活かし辛くなってしまう。
《シャイニング・近未来・シティ》などでアンタップできるようにするか、あるいは攻撃・防御のどちらかに振り切って運用するかはよく考えたい。

総じて、所持する能力を全て活用するとなると一工夫必要だが、その軽さと対クリーチャー戦闘能力により独自の強みを持つクリーチャー
召喚酔いしない3色ディスペクターの中でも、ササゲール対応及び名目コストの軽さによる早出しのしやすさを活かしてやりたいところ。

その他 [編集]

《暗皇女メガリア光の化身》(スピリチュアル・トーテム)の『接続』ディスペクター

  • 《霊光の化身》の左肩に《メガリア》が腰から上を接合されている。また、《メガリア》の体には、『接続』派閥特有のビス止め金属板が接合箇所と関係ない部分にまで大量に貼り付けられ、さながら継ぎ接ぎのドレスのような外見になっている。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] おそらく、フレーバーテキストに記述されていた「幾千もの魂を封じた邪杯」