青銅(せいどう)のバンビシカット/「()(ちから)、しかと()よ!」》 [編集]

青銅のバンビシカット R 自然文明 (2)
クリーチャー:ドリームメイト/ハンター 1000
このクリーチャーが出た時、相手とガチンコ・ジャッジする。自分が勝ったら、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。(ガチンコ・ジャッジ:各プレイヤーは自分の山札の上から1枚目を見せ、それを一番下に置く。そのカードのコストが相手以上であれば自分の勝ちとする)
「我が力、しかと見よ!」 R 火文明 (9)
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
相手のパワー12000以下のクリーチャーを1体破壊する。
相手とガチンコ・ジャッジをする。自分が勝ったら、カードを1枚引く。

DMEX-12にて登場した/自然ドリームメイト/ハンターツインパクト

クリーチャー面はcipガチンコ・ジャッジに勝つとマナブースト呪文面はパワー12000以下を除去しつつ、ガチンコ・ジャッジに勝つと1ドローできるS・トリガー

《桜風妖精ステップル》のように2ターン目から手札の数を減らさずにマナとクリーチャーを同時に増やせるカードの1枚。同弾の《天体妖精エスメル》と合わせ、計4体目となる。マナを増やすにはガチンコ・ジャッジに勝つ必要があるが、デッキの高コスト比率を高めればマナ加速できる確率も増える。呪文面が9コストもある事も、初動でありながらガチンコ・ジャッジを妨害しない点で優秀。

呪文面は《ジェットセット・バイト》に条件付きキャントリップがついたような性能。そちらと比べるとコストが2も重くなっているが、S・トリガーで唱えれば気にならず、むしろ先述の通りガチンコ・ジャッジに勝ちやすくなるので利点であるとすら言える。ドロー効果も、逆転の一手やニンジャ・ストライク持ちのシノビを引き込める可能性がある。
総じて汎用性の高い効果が揃ったカードと言えよう。【ハンター】、特にガチンコ・ジャッジを多用する【カイザー「刃鬼」】のようなデッキタイプでは活躍が期待できる。

カードとしては多色でありマナ基盤にもなるので、【5色蒼龍】を始めとする【5色コントロール】にも適している。このカードの登場時点ではそちらのデッキでも中盤まで軽量級から中量級クリーチャーを立てて打点が並び次第早期に1ショットキルする構築がそこそこ見られるため、打点が付くことは馬鹿にならないメリットである。

環境において [編集]

登場早々【ハチ公ガチンコ・ジャッジ】のパーツとなった。DMEX-12期にはそちらのデッキがチャンピオンシップ4位入賞を果たしている。

【ハチ公ガチンコ・ジャッジ】において強い点は打点が付いている点にあり、《特攻の忠剣ハチ公》の連鎖が途切れてもシールド0枚まで相手を追い詰めれば最後の一押しに役立つ。

2021年始のチャンピオンシップ(オリジナル)でこれと《運命の選択》を4枚入れた【青黒緑デッドダムド】が4位入賞を果たした。《運命の選択》の効果で手札から見せた時に、《天災 デドダム》リクルートしてスピードアタッカー付与できることが採用理由として大きい。

その他 [編集]

  • クリーチャー名の由来は《青銅の鎧》+フェーリクス・ザルテンの童話『バンビ』。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]