革命類侵略目(かくめいるいしんりゃくもく) パラスキング》 [編集]

革命類侵略目 パラスキング SR 自然文明 (8)
進化クリーチャー:ジュラシック・コマンド・ドラゴン/革命軍/侵略者 14000
進化−自分のクリーチャー1体の上に置く。
侵略−コスト5以上のクリーチャー(自分のコスト5以上のクリーチャーが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
T・ブレイカー
バトルゾーンにある自分のカードを、すべての文明のカードとして扱う。
革命2―自分のシールドが2つ以下なら、自分のクリーチャーの召喚コストを5少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

DMR-20で登場した進化ジュラシック・コマンド・ドラゴン/革命軍/侵略者
おおよそ1年ぶりに登場したパラスであり、パラスとしては初の進化クリーチャー
《極みの香!イタダキマツタケ》に似たバトルゾーンにあるカード全てを5色レインボーにする常在型能力及び、革命2を条件とした大幅な召喚コスト軽減能力を持つ。

第一に説明するのは侵略能力による呼び出しやすさである。
他の侵略持ち同様に《勝利のガイアール・カイザー》などの汎用性の高いスピードアタッカーとの相性の良さは言うまでもないが、このクリーチャーの進化元文明種族を問わずクリーチャー1体、侵略条件もコスト5以上であるだけと非常に緩い。
場に出て役目を終えた高コストS・トリガー獣マッドネス持ちのクリーチャーなどから手軽にT・ブレイカーによる奇襲を狙うことができるのが強みである。

なんと、最速2ターンで出すことも可能。
《キリモミ・ヤマアラシ》を唱えた後に《予言者ローラン》を出せば、スピードアタッカーを得るのでそのまま侵略できる。
あるいは《フェアリー・ギフト》コスト軽減した後に、《印鑑D》《“乱振”舞神 G・W・D》B・A・D2でさらにコスト軽減して召喚すれば侵略できる。

《鳴動するギガ・ホーン》なら山札からこのカードをサーチしつつ、そのまま侵略元として利用できる。
手札やアタッカーも豊富な【オボロセカンド】では出せない場面が無い、と言える程。
《超次元ホワイトグリーン・ホール》をはじめとするコスト4の超次元呪文サイクルを使い、手早くコスト5のサイキック・クリーチャーを用意するのも良いだろう。

また、パラスなので《連鎖類寄生目 パラスレックス》の能力でマナゾーンから呼び出し、いきなり進化させることも可能。
【パラス】ではクリーチャーが並びやすいが個々のブレイク数が少ない為、トドメまであと一歩という事も多く、そこを補ってくれるのはありがたい。

第二に文明追加能力だが、他の多くの進化および侵略持ちのサポートとして活用でき、文明の参照を無視して様々なクリーチャーを進化(侵略)元にすることが可能になる。革命チェンジにも勿論対応。
他にも、特定の文明が多いほど強くなる《天命王 エバーラスト》《S級宇宙 アダムスキー》《伝説の正体 ギュウジン丸》との相性も抜群。
ただし、《調和と繁栄の罠》を使われると全軍止まってしまうが。

第三に革命による大幅なコスト軽減能力も強力。手札さえあればバトルゾーンを埋め尽くせるだろう。
この能力を主としたいなら《成長目 ギョウ》《逆転のオーロラ》《リブロッコ・タンク》を使うのが良い。特に《リブロッコ・タンク》はコストが5であるため、《パラスキング》の侵略元にもなってくれる。

しかし、メインステップで恩恵を受けられるこの能力は、攻撃ステップで発動する侵略とはタイミングが噛み合っておらず、その恩恵は《パラスキング》をバトルゾーンに出した次のターンに持ち越しになることが殆どになる欠点もあった。
これについては後に攻撃ステップでコストを支払って召喚できるキリフダッシュ持ちのクリーチャーが登場した為、さらにこの能力を活かせるようになった。

この点を評価され、【赤緑キリフダッシュ】では反撃としてのピン差しも多い。手札不足の問題も革命が発動している状況なら気にならない。そもそもジョーカーズでは手札補充が豊富な為、有事にこのカードを呼び出すのも容易。

最後に紹介するのは絶妙なパワー種族である。
コマンドドラゴンを併せ持つので、種族サポートが豊富。
パワーも14000と大きく、《轟く侵略 レッドゾーン》《蒼き団長 ドギラゴン剣》を討ち取り、《ドンジャングルS7》とも相打ちを取れる。

総じて単なる打点の追加どころか、コンボ要員としても強力なクリーチャーである。
想像以上に幅広い戦い方が可能で、どんなデッキにも採用し得る余地がある。これからもこのクリーチャーの活躍の幅は広がるに違いない。

ルール [編集]

  • 封印など裏向きのままでは文明を持たない扱いになるカードもこのカードの能力によって染色される(2017/04/16正式回答)。

環境において [編集]

当初は
DMEX-03再録されるなり、新章デュエル・マスターズ双極篇の2ブロック構築における【クラッシュ“覇道”】の打点補強要員となった。

その他 [編集]

サイクル [編集]

DMR-20コスト5以上のクリーチャーを対象とした侵略サイクル
一部は進化元が3枚あれば強化される。には存在せず、代わりに自然に2体存在する。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]