飛翔(ひしょう)するウイング・ホーン》 [編集]

飛翔するウイング・ホーン C 自然文明 (3)
クリーチャー:ホーン・ビースト 1000+
パワーアタッカー+5000

DM-15で登場したホーン・ビースト
登場当時としては、3コストパワーアタッカー付き準バニラパワー2000が相場だが、このクリーチャーは元のパワーが1000低くなった代わりにパワーアタッカーのプラス値が大幅に強化されている。
普通にアタッカーとして使うにはやや心もとないが、《地獄スクラッパー》除去されなかったり、軽いため進化も狙えたりした。

ただ、DM-19で役割が被る上により使い勝手の良い《一撃勇者ホノオ》が登場し、立場が無くなった。それでも、《超幻影 ワラシベイベー》が登場すると、単体かつ無条件でそちらの侵略条件を満たせるクリーチャーとしての差別化点が生まれた。

  • イラストとフレーバーテキストからして、上空から急降下しつつの突撃が得意技のようだ。恐ろしく命知らずな戦法だが、受ける方はたまったものではあるまい。
  • デュエル・マスターズ プレイスではパワーアタッカー+4000に弱体化。+5000のままであれば低コスト進化獣を一方的に倒すことが可能だっただけに痛い調整である。プレイス基準でW・ブレイカーを持たせないためだろうか。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-15DMPP-06
    究極の突進術は、助走をつけるのではなく落下する事なり。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]