飢動混成(きどうこんせい) ガリィングマール》 [編集]

飢動混成 ガリィングマール R 光/水/火文明 (5)
クリーチャー:ディスペクター/エンジェル・コマンド/アースイーター 7500
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーはタップして出て、自分のターンのはじめにアンタップしない。
自分が呪文を唱えた時、このクリーチャーをアンタップする。

DMRP-18で登場した//ディスペクター/エンジェル・コマンド/アースイーター

単体でコスト5とササゲールを使わずとも無理なく呼べる軽さなので、ディスペクター召喚にありがちな数を減らしてしまうリスクを軽減できる。特にこのクリーチャーは3色のため最大に軽減しても3マナ支払わないといけないため、割り切って素出しするのでも十分だろう。

そのかわり、バトルゾーンタップインして出る上、自分のアンタップステップでもアンタップされないというデメリットを抱えている。
EXライフで凌ぐことは難しくないとは言え、登場時点で既に攻撃待ちの状態で、しかもパワー殴り返しに耐えられるほど高くないのが厳しい。

アンタップさせるには呪文を唱えないといけないが、これは見方を変えれば大きな武器になりえる。
例えば、アタック・チャンス呪文と組み合わせることで、連続攻撃が行えるようになる。
ディスペクターなので各指定のアタック・チャンス呪文3種に対応しているだけでなく、『混成』3色//を全て併せ持つため、《禁時王秘伝エンドオブランド》にも対応している。さらに、エンジェル・コマンドでもあるので《俺流秘伝セイント・フラッシュ》にも対応している。

当然ながら、S・トリガー呪文を唱えた場合にもアンタップする。このクリーチャーEXライフ持ちのブロッカーなので、思わぬところでリーサル回避に役立つことも考えられる。
《禁時混成王 ドキンダンテXXII》と組み合わせることで疑似的な警戒持ちとして扱うのも良い。

  • 呪文を唱え、その呪文の効果で、タップされている《ガリィングマール》に進化クリーチャーを重ねると、総合ルール801.2.によりタップされたまま重ねられ、呪文を唱え終わってから「このクリーチャー」、つまり《ガリィングマール》を進化元にした進化クリーチャーがアンタップする。

その他 [編集]

《スベンガリィ・クロウラー》《機聖霊ムゲン・イングマールの『混成』ディスペクター

+  合成元との関係

コストが5以下・レアでありながら3色という、ディスペクターとして初のステータスを持つ。独特な能力を持つ《スベンガリィ・クロウラー》を反映したかのような型破りなクリーチャーと言える。

アニメ『デュエル・マスターズ キング!』の「ボルツvsエスパー・マギ」でエスパー・マギが使用した。
《電融秘伝グリードソレノイド》《混成秘伝デュアルスタック》アタック・チャンスで唱えて連続攻撃し、1ショットキルを仕掛けた。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]