鬼ヶ王魔(おにがおうま) エンド・ジャオウガ》 [編集]

鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ KGM 闇/火文明 (12)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 17000
スピードアタッカー
T・ブレイカー
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、このクリーチャーの召喚コストを6少なくする。
<鬼エンド>このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、シールドが1つもないプレイヤーがいて、追加ターン中でなければ、このターンの後にもう一度自分のターンを行ってもよい。そうしたら、そのターンの終わりに自分のクリーチャーをすべて破壊する。

DMRP-16で登場した/デモニオ/鬼札王国

12マナと重量級だが、スピードアタッカーT・ブレイカー、さらに強力な鬼タイム鬼エンドを持つ。

鬼タイムでは自身のコスト軽減鬼エンドでは条件付きで追加ターンを得ることができる。

鬼タイム鬼エンドの両方が発動していれば、6コストで追加ターンを得る能力を持つクリーチャーとなり、《無双竜機ボルバルザーク》を上回るスペックになる。一方で、鬼タイム鬼エンドが発動していなければ、12コストでスピードアタッカーT・ブレイカーしか持たないコストパフォーマンスの悪いファッティとなってしまう。

中速ビートダウンならば、鬼タイムの発動で早期に出せるT・ブレイカーとしての活躍も見込めるが、《轟く侵略 レッドゾーン》《蒼き団長 ドギラゴン剣》といったより早期に出せるT・ブレイカーは現在では山ほどいるので、鬼エンドも活かしたい。

自分のシールドが0枚の時に出せば、鬼エンド追加ターンで一気に逆転も可能。鬼エンドcip追加ターンを獲得する能力は、追加ターンの終わりに自身のクリーチャーは全て破壊されるデメリットはあるものの、《無双竜機ボルバルザーク》と同様に追加ターン終了までに相手を倒しきれれば実質的にデメリットとして機能しない。

ただ、《無双竜機ボルバルザーク》が暴れていた時代と比べるとニンジャ・ストライク革命0トリガーなどの防御手段が増えたため、その辺りのカードへの警戒は忘れないようにしたい。

鬼エンドの発動条件を自分のシールドで満たすなら、相手の攻撃を待つのも手だが、カウンターを封じるまで相手のシールドを攻撃しないコントロールや、シールドブレイクせずに勝利できるループも多くあるので、自分でシールドを減らしていく手段も用意するべきだろう。《デビル・ドレーン》《鬼ヶ大王 ジャオウガ》などが筆頭にあがるが、これらはシールドを0にしたターンに召喚するのは難しいので、革命0トリガー鬼エンドなどで守りを固めるのも必須となる。《逆転のオーロラ》なら、色は合わないがシールドを0にしたターン召喚するのは難しくなく、《逆転のオーロラ》で増えたマナを追加ターンで活用できるので相性が良い。

  • ルール上の注意として、相手のターン中に自分が追加ターンを得た場合、次に自分のターンが始まる時、追加ターンを行ってから、通常のターンが行われることになる。そのため、鬼エンドの発動条件を満たしている時に相手のターン中にこのクリーチャーがバトルゾーンに出ると、まず最初の1ターン目の終わりに自分のクリーチャーをすべて破壊してから、もう一度自分のターンが行われる。また、その最初の1ターン目にもう1度このカードを出しても、さらなる追加ターンを獲得することはできない。逆にその後の2ターン目は通常のターン扱いなので、さらなる追加ターンを獲得する事が可能。
  • コロコロチャンネルNEXTではカード名を「鬼ヶ王 エンド・ジャオウガ」と誤植されてしまった。

関連カード [編集]

背景ストーリーのラスボス [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分のシールドが1つもない状況で、同じターン中に《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》を2体バトルゾーンに出しました。このターンが追加ターンでない場合、自分は追加ターンを2つ得られますか?
A.はい、追加ターンを2つ得られます。
引用元

Q.《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》の「鬼エンド」能力で、自分のクリーチャーを破壊するのはいつですか?
A.追加ターンの終わりに、自分のクリーチャーを破壊します。
引用元

Q.相手のターン中に自分が《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》をバトルゾーンに出し、「鬼エンド」能力で追加ターンを得ました。次に行われるターンは自分の追加ターンですか?自分の通常のターンですか?
A.自分の追加ターンから行います。追加ターンの終了時、自分の通常のターンを行います。(総合ルール 500.5)
引用元

Q.相手の追加ターン中に自分の《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》がバトルゾーンに出ました。いまは相手の追加ターン中ですが、自分は「鬼エンド」能力で追加ターンを得られますか?
A.いいえ、追加ターン中に《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》の「鬼エンド」能力は解決できません。
引用元

Q.《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》の「鬼エンド」能力で得た追加ターン中に《終末の時計 ザ・クロック》がバトルゾーンに出ました。そのターンの終わりに、自分のクリーチャーを全て破壊しますか?
A.いいえ、ターンの残りをとばすので、自分のクリーチャーは破壊しません。「ターンの終わりに」の能力はトリガーせず、次の相手のターンを始めます。
引用元