鬼ヶ羅刹(おにがらせつ) ジャオウガ》 [編集]

鬼ヶ羅刹 ジャオウガ P 闇/火文明 (6)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 7000
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下で、自分のマナゾーンに闇のカードと火のカードがそれぞれ1枚以上あり、バトルゾーンに自分の《鬼ヶ羅刹 ジャオウガ》がなければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)

DMEX-16で登場した/デモニオ/鬼札王国

G・ストライクスピードアタッカーW・ブレイカーを持ち、鬼タイムの条件達成時にはコストを支払わずに召喚できる。

踏み倒し条件は鬼タイム共通条件に加え、マナゾーンを要求、バトルゾーンに同名カードが居ないことが条件となる。この縛りによって汎用カードとしての性格は抑えられており、連続展開することもできない。

場に出た後は準バニラとしての能力しか持たないが、踏み倒し条件は極めて緩く、マナを支払わずに出せる2打点というだけで活躍の余地はある。

0マナで出せるスピードアタッカー付きW・ブレイカーと言えば《百万超邪 クロスファイア》の派生カードや《“轟轟轟”ブランド》が既に存在しているが、《デモニオの鬼時計》と組み合わせることで、状況を問わず僅か3マナで踏み倒しできる点、G・ストライクで受け札にもなる点などでそれらとは差別化可能。相手がシールド追加していない状態なら、《デビル・ドレーン》《鬼ヶ大王 ジャオウガ》cipなどでも鬼タイムを達成できる。

《ジャオウガ》が非ドラゴンである問題はあるものの、コスト6の多色なので《蒼き守護神 ドギラゴン閃》から出せる。【赤黒ドギラゴン閃】ならが合うので候補に挙がるだろう。

《我我我ガイアール・ブランド》軸の【赤黒邪王門】では、《我我我ガイアール・ブランド》進化元に使い、バトルゾーンから《鬼ヶ羅刹 ジャオウガ》の名前を消すことで実質2体目を出せるようになるプレイングができる。

0コストで出せる打点要員だが、多色なので2枚目以降を引くとマナチャージしようにもマナタップインを強要されるため、このカードを使う場合マナの管理がシビアになる。2枚目以降を引きたくないなら4枚積みよりも採用枚数を1枚から2枚に抑えた方が良い。

  • 羅刹とは仏教に登場する鬼神。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]