鬼寄(おによ)せの(じゅつ) [編集]

鬼寄せの術 R 闇/火文明 (2)
呪文:鬼札王国
自分のシールドを1つ選び、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。
このターン、次に召喚する自分の闇または火のクリーチャーの召喚コストを最大4少なくしてもよい。ただし、コスト0以下にならない。

DMEX-10にて登場した/鬼札王国呪文

シールド回収と、闇か火のクリーチャーを実質2コスト軽減する能力を持つ。

殿堂入りカードである《フェアリー・ギフト》と同等のコスト軽減効果があり、非常に強力。
しかし闇か火のクリーチャーしかコストを下げることができず、このカードの発動に闇火の2色マナを要求される。この時、踏み倒すクリーチャーが単色だったとしても召喚に1マナかかる為、効力を発揮するのはどんなに早くても3ターン目以降と使用条件が厳しく調整されている。
その性質上、コスト2軽減の恩恵を受けるのは単色であれば5コスト、多色になればもっと高いコストになる(文明の数コストを支払うルールから)ため、ウィニーの多いデッキには向かない。

シールド回収に関しても、《フェアリー・ギフト》ではネックだった手札消費の激しさを緩和するため、無理にS・バック鬼タイム革命などの発動を狙わなくても、十分メリットとして機能することが多い。いざという時に、手札に召喚したいクリーチャーがない場合、シールドからそれを回収する賭けに出ることもできる。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

  • もし通常の【4色ドッカンデイヤー】で使うことを前提にするなら、終盤の1つのターン中にメタカードを処理してからこれで走り出すようにすると良い。通常はメタカードを除去した後だとマナが足りなくてターンを渡さざるを得ない場合が多いが、これを使うと余ったマナでソリティアを始動することができる。

環境において [編集]

登場後の十王篇環境では期待されたほどの活躍はしていない。やはりGR召喚系統のデッキにおいて重量級マナドライブとアンチシナジーであるという点が響くのである。
また、【モルト NEXT】でも既に《爆流忍法 不死鳥の術》という早出し手段の対抗馬が存在している。

その他 [編集]

  • 元ネタは、「児雷也豪傑譚」に出てくる「口寄せの術」。忍者が手なずけた動物を印で呼び出す術の事である。この場合、鬼タイムの発動、鬼札王国を呼び寄せるという意味で使われているのだろう。
    • 自身の血を必要とすることから漫画作品「NARUTO」の口寄せの術もモチーフになってるのかもしれない。
      ・因みに口寄せの本来の意味は死者の呼び寄せなのでリアニメイトの方が近い。
  • ウィザーズ日本支部代表の真木考一郎氏の、DMEX-10のカードを紹介するツイートの中で、なんと火文明単色になった《鬼寄せの術》の画像が公開されるというハプニングが発生した(現在は修正済み)。そのため、開発段階では単色にするといったアイデアもあったのだろうと推測される。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-10
    デモニオに伝わる鬼巻物には、自身のと引き換えに巨漢を呼び出す秘術が記されている。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《鬼寄せの術》は、自分のシールドが1つもない時でも唱えられますか?
Aはい、唱えられます。シールドが1つもない時は1番目の能力は不発になり、2番目の能力のみ解決することになります。
引用元