()革命(かくめい) デス・ザ・ロスト》 [編集]

魔の革命 デス・ザ・ロスト LEG 闇文明 (8)
進化クリーチャー:デーモン・コマンド・ドラゴン/革命軍 13000
進化−自分の闇のクリーチャー1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身の手札をすべて捨てる。
革命0−このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドが1枚もなければ、相手のシールドをすべてブレイクする。

DMR-18で登場した進化デーモン・コマンド・ドラゴン/革命軍

cip《ロスト・ソウル》を放ち、革命0でアタックトリガーにより相手のシールドをすべてブレイクする。

3枚リンク能力革命になった《「黒幕」》のようなスペック。あちらと比べてコストが1軽くパワーも1000高い。

革命0発動時の効果T・ブレイカーワールド・ブレイカーに置換しているわけではないので、そのままダイレクトアタックに繋ぐことが出来る。
だが、《「黒幕」》のように《魔天降臨》と組み合わせることが出来ず、割れたシールドからの除去ブロッカー持ちのニンジャ・ストライクS・トリガー革命0トリガーなどでダイレクトアタックを阻止される可能性が高く、決定力に欠ける。特に《DNA・スパーク》をひかれた日には、例え自軍に何体クリーチャーが並んでようと、ダイレクトアタックは行えず、シールド0枚という崖っぷちにいる状況で相手にターンを渡すことになる。そうなれば、ほぼ負け確定である。しかも新章デュエル・マスターズに入ってからスーパー・S・トリガーが登場し、さらに決定力が落ちることに。
また、能力の使用は強制なので、クリーチャー攻撃する時もシールドブレイクしてしまう。
だが《古代王 ザウルピオ》の効果を無視できるという強みがある。

登場直後は革命編限定環境の【単】に使われていたが、次第に《復讐 ブラックサイコ》のハンデスでも十分事足りるとされ、さらに《超復讐 ギャロウィン》pigが注目されたことによって【単】は徐々に侵略型が定着していき、革命軍である《デス・ザ・ロスト》はフェードアウトしていくことになってしまう。

  • アニメ「VSR」第25話にて、コジローの切り札として登場。声を当てたのは土瓶マスク役の三戸耕三氏。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]