魔光大帝(まこうたいてい)ネロ・グリフィス》 [編集]

魔光大帝ネロ・グリフィス P 光/闇文明 (8)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/ダークロード/ナイト 7000
ブロッカー
W・ブレイカー
自分のナイトが破壊された時、自分の手札から光または闇の、コスト6以下のナイト呪文または「S・トリガー」付き呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。

DMC-46で登場したエンジェル・コマンド/ダークロード/ナイト

このクリーチャーと味方ナイト破壊された時、手札ナイト呪文S・トリガー呪文唱えることができる。

DMC-46の主軸となるクリーチャー
《魔弾グローリー・ゲート》《魔弾アルカディア・エッグ》コスト踏み倒しが出来る。

条件にやや難があるが、自分の盤面のナイトクリーチャーを起点に呪文コスト踏み倒しすることが可能となる。
コスト踏み倒しの制限は多いが、ナイトクリーチャーチャンプブロックから《デーモン・ハンド》《スーパー・スパーク》が発動できると考えれば強力。手札に来てしまったS・トリガー呪文を、改めてカウンター札として利用できる。
《魔弾デュアル・ザンジバル》ウィニーを処理したり、《魔弾バレット・バイス》で旧型マッドネスを発動させないタイミングでのハンデスなど、ナイト呪文でのアプローチも様々。
コスト踏み倒し対象の呪文除去札・防御札に偏っている事や、自身がそこそこ大きなブロッカーであることもあり、【速攻】ビートダウンに対しては非常に強力な耐性をもつフィニッシャーとなる。

コスト踏み倒し呪文の補充は、ドローが得意なコントロール【ナイト】であればあまり困らないだろう。サポートである《魔弾グローリー・ゲート》《魔弾アルカディア・エッグ》もよい弾丸となり、2体目の《魔光大帝ネロ・グリフィス》のコスト踏み倒しも狙える。
《魔光王機デ・バウラ伯》《魔光死聖グレゴリアス》呪文サルベージをすれば、弾丸を補充しつつ盤面にナイトを用意できる。

ナイト破壊という条件は、《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》ブロックすれば、逆スレイヤーによって自壊するのでスムーズに能力を起動できる。ナイトには、上記した《魔光王機デ・バウラ伯》《魔光死聖グレゴリアス》など優秀なブロッカーが多く、チャンプブロック要員は簡単に確保できる。
ただし、能動的にコスト踏み倒しするには工夫が必要となる。《邪魂創世》を使えば、自発的にナイト破壊しつつコスト踏み倒し呪文の補充も可能。

相手の攻撃に対しては滅法強く、除去の薄い当時の【速攻】や、除去札を引けていないビートダウンにはそのまま決め手となりえる性能であった。

反面で攻めの性能には欠けるカードであり、《ネロ・グリフィス》だけで殴り切るのは難しい。
DMC-46での《聖鎧亜キング・アルカディアス》《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》《天雷の聖霊ユリウス》の様に、別のフィニッシャーや打点を用意しておきたい。

欠点は自身のパワーが低めな事や、システムクリーチャーの宿命として本体が真っ先に狙われる可能性が高いことと、破壊以外の除去には対応していない事。
元々コスト踏み倒し前提で呼び出される為、コストに対してパワーが低めなのは致し方ないだろう。
また、除去ではバウンスマナ送りが最たる例であり、《アクア・サーファー》《ナチュラル・トラップ》で容易にどかされてしまう。
《クリスタル・パラディン》《百族の長 プチョヘンザ》《伝説の禁断 ドキンダムX》破壊以外の全体除去をもらうと、致命的な盤面崩壊を起こしてしまう。
後の裁定変更により、《ネロ・グリフィス》を含めた複数体のナイトクリーチャー破壊された場合には、同時に破壊されたクリーチャーの数は対象にはならないことになってしまった。上記らと比べればまだマシとはいえ、全体除去は総じて弱点であるといえる。
ハンデスロックと組み合わせることで相手の処理札を封じ、盤面を維持できるようにしておきたい。

S・トリガー呪文との相互コスト踏み倒しという点で、《魔弾グローリー・ゲート》《魔弾アルカディア・エッグ》以外にも、《ヘブンズ・ゲート》《戒王の封》と組み合わせることが出来る。
《魔光大帝ネロ・グリフィス》を軸にした【ヘブンズ・ゲート】【ネロ天門】を参照されたし。

登場当初から時代が進み、主にS・トリガーのカードプールは大分豊富になっている。
《デーモン・ハンド》《スーパー・スパーク》と比較するだけでも、《地獄門デス・ゲート》《マスター・スパーク》など候補がある。
組み合わせによって様々なアプローチが考えられる。

ドラゴン・サーガで登場したファンキー・ナイトメアナイトとして扱われるので、そちらも相性がいい。ドラグハートとともにスーサイドリアニメイトが得意なため、《魔光大帝ネロ・グリフィス》の能力をスムーズに起動できる。
革命編で登場したダーク・ナイトメア効果の対象になる。特に相性が良いのはシールド・セイバーで守りつつ能力を発動できる《暗黒鎧 ヘルミッション》だろう。

良好なスペックに加え、カスタマイズ性にも優れたカードなっている。
スーパーデッキの目玉に相応しい性能とコンセプトを持っているといえよう。

  • カード名の元ネタはナイトであることを考えると、第5代ローマ皇帝のネロだろう。
  • DMC-46版は「ナイト・クリーチャーが破壊された時」だったが、DMX-12版は「ナイトが破壊された時」となっている。「破壊」=「クリーチャー」のため意味は同じで、DMX-12より後に登場するファンキー・ナイトメアでも誘発できることに違和感を覚えさせないテキストになった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-15
    きみの父さんはもう1人のぼくが、殺してしまった…。どんなに謝ったって許されることじゃない…だから、だからぼくは、これ以上、きみを、悲しませるわけにはいかないんだ!!! — 白凰
    —『デュエル・マスターズSX』2巻より

収録セット [編集]

参考 [編集]