魔刻(まこく)斬将(ざんしょう)オルゼキア》 [編集]

魔刻の斬将オルゼキア SR 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド 6000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャーを1体破壊する。その後、相手は自身のクリーチャーを2体選び、破壊する。
W・ブレイカー

DM-25で登場したデーモン・コマンド

cipで自分のクリーチャー1体と相手のクリーチャー2体を破壊する。選ぶのは相手。

味方の犠牲はあるが、cipで2体除去できるのは単純にして強力。こちらは使い終わった《解体人形ジェニー》《青銅の鎧》破壊すれば問題ない。pig持ちはもちろん、置換効果破壊を免れる《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》《光器パーフェクト・マドンナ》を対象にしてもいい。

相手の破壊されるクリーチャーは相手自身が選ぶのでやや融通が利かないが、アンタッチャブルにも効果は及ぶのは利点。2体破壊できるので、狙った相手を除去できることも多いだろう。

他に破壊する味方がいなければ、最悪《オルゼキア》自身を破壊することで実質的に7コストで《死の宣告》2回分の呪文のような使い方となる。

ルール [編集]

環境において [編集]

登場当時、直截に【ボルメテウスコントロール】を強化する札として話題になった。当時の環境はコントロール系統の場合だと5ターン目にゲーム中初めてカードプレイしても事故と呼ばれないほど低速であったため、マナブーストの無いデッキで出すにしてもまるで重い部類ではなかった。

かつては、高い使用率を誇る定番のデーモン・コマンドであったが、例のごとくインフレによって着実に使用率を落としていき、高速環境に突入した革命編からはすっかり環境でその名を聞くことはなくなった。

その後、双極篇《魔刻の斬将オルゼキア/訪れる魔の時刻》としてツインパクト化された。今後はイラストも同じそちらに出番を譲るだろう。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

フレーバーテキスト・再録などについて [編集]

  • DMX-08再録された際、フレーバーテキストの台詞がクリーチャーのような口調になった。これに違和感を覚えるプレイヤーも少なくない。
    • 「ガチンコ勝負に勝ち続けてきた」と語っているが能力によって自身が破壊されることも少なくない。が容易な闇文明にとっては破壊されることは大したことではないのかもしれない。
  • 「ウソツキ!ゴクオーくん」の作者吉もと誠氏によるイラストプロモカードが存在する。こちらはラミネカード仕様で、地獄の番犬ケルベロス(ゴクオーのペットのネコガラス)の上にゴクオーが乗っており、通常のオルゼキアと同じような構図となっている。2013年冬の次世代ワールドホビーフェアにて先行販売されたDMX-12から出た開運マークが目印の《賀正電士メデタイン》との引換でもらえた。

背景ストーリーにおいて [編集]

アニメ・漫画での活躍 [編集]

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]