魔刻(まこく)騎士(きし)オルゲイト》 [編集]

魔刻の騎士オルゲイト SR 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド 6000
W・ブレイカー
自分のクリーチャーが破壊された時、このクリーチャーをアンタップしてもよい。

DMC-04の限定カードとして登場したデーモン・コマンド

自分のクリーチャー破壊されるとアンタップできる能力を持つ。

味方クリーチャー破壊に反応してアンタップできるので、うまく準備を整えれば1ターンの間に何度も攻撃できる。
例えば、攻撃後に自壊する《ねじれる者ボーン・スライム》と組んだり、適当なウィニー自爆特攻すれば連続で攻撃できるようになる。他にも、相手のターンに小型のブロッカーチャンプブロックしてしまえば、タップ状態のオルゲイトが起き上がり、殴り返しを防げる。

ただし、初期のカードということもあってカードパワーの見劣りは否めない。文明は違うが、には無条件で2回攻撃できる《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》《真実の名 ニドギリ・ラゴン》がおり、大抵はそちらで事足りる。また、デーモン・コマンドは展開力が優れているので、《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》で横に並べて集団で殴っていく方がデッキとしては安定することが多い。

あえてこのカードを使うならば黒城ファンデッキだろう。漫画の様に《ねじれる者ボーン・スライム》《汽車男》自爆特攻させ、連続攻撃を狙ってみるのも一興である。

  • 漫画ではアンタップ能力を「仲間が殺される度に目覚める」「仲間の死を食べさせる」「死体を食べる」と表現していた。
  • DMX-21にてまさかの再録。それに伴い、テキスト聖拳編以降の破壊表記に改められている。
    • 旧テキストは以下
      このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分のクリーチャーがバトルゾーンから墓地に置かれるたびに、このクリーチャーをアンタップしてもよい。
  • KaijudoではOlgate, nightmare Samuraiと訳されていた。日本語版では騎士(ナイト)であったカードがサムライとなっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]