黄昏地獄拳(たそがれじごくけん) [編集]

黄昏地獄拳 P 水文明 (4)
呪文
カードを2枚引く。
バトルゾーンにある「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて持ち主の手札に戻す。

DMX-21で登場した呪文

2枚のドローと、ブロッカーを一斉バウンスする効果を併せ持つ。

《クリスタル・パラディン》の存在が示す通り、4コストでのブロッカーの大量バウンスは非常に強力。相手がブロッカーを使っていない場合でも最低限ドローはできるので、完全に腐る心配はない。

自分のブロッカーバウンスしてしまうので、コントロールデッキなどではやや使いにくい面もある。ブロッカーの入らないビートダウンで使うか、もしくはcip持ちブロッカーを再利用するなどの工夫をすると良いだろう。登場当初は【ディアブロストコントロール】の新たな選択肢としても期待がかかっていた。

ただ、似たような立場の《叡智の聖騎士 スクアーロ/エナジー・ライト》が登場すると若干立場が悪くなった。やはりあちらはクリーチャー面が付いている点で総合力ではこちらに勝る。

  • 「黄昏地獄拳」とは黄昏 ミミが古くから使ってきた必殺パンチの名称で松本しげのぶ氏の漫画ではよく登場していた。古参のプレイヤーにとってはグラマラスなミミのイラストとともに、嬉しいサプライズとなったかもしれない。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]