(ダーク)(アイ)龍竜(ドラゴン) [編集]

黒目龍竜 SR 闇文明 (10)
クリーチャー:ブラック・コマンド・ドラゴン/スペシャルズ 13000
無月の門:自分の魔導具をバトルゾーンに出した時、自分の魔導具をバトルゾーンと墓地から2体ずつ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。
T・ブレイカー
自分のターンのはじめに、闇のカードを1枚、自分の墓地から手札に戻してもよい。
自分のターンの終わりに、バトルゾーンまたはいずれかのシールドゾーンにある裏向きのカードを1枚選び、見てもよい。

DMEX-03で登場したブラック・コマンド・ドラゴン/スペシャルズ

無月の門ターン開始時サルベージターン終了時ピーピングを持つ。
無月の門で出せる初のT・ブレイカーであり、コマンドも有するので封印にも強い。

目玉となるのが自分のターンの開始時におけるのカードのサルベージである。墓地回収が得意な闇にとっては珍しく、あらゆるカードを回収ができる。墓地肥やしで誤って送ってしまったカードも回収することができ、特に呪文を回収していくことで粘り強く戦うことができる。凄まじいカードパワーを持つツインパクトカードが出回っていることも相まって、墓地カードを分け隔てなく回収できるのは非常に心強い。

ピーピング能力はオマケに近いが、意外と便利。ブレイクする相手のシールドをあらかじめ確認したり、どのカードがシールドに埋まっているのかも知ることができる。魔導具には《堕呪 ウキドゥ》があるので狙って墓地送りにする事も出来なくもない。
また、バトルゾーン裏向きのカード、すなわち封印も確認することができるため、あらかじめ封印として墓地に送られるカードを確認した上で計画を立てることができる。

仮に墓地に送られても無月の門バトルゾーンに戻ってくるため、相手からすれば厄介でしかない。

ただし、他の無月の門にはない打点サルベージを持つ一方で、相手に対する直接的な除去能力ロック能力がないのが欠点。
また、コマンド・ドラゴンはサポートが豊富なものの、無月の門の戦略とほとんど合致しない点も気になる。その上、このクリーチャー自身はマフィ・ギャングドルスザクを持ち合わせていないため、デッキによっては全く噛み合わないこともある。

このカードをメインとするデッキを作るなら魔導具の枚数をある程度抑えておこう。比率を例えるなら魔導具関連を20枚前後、残りをツインパクトなどカードパワーが高いものにすると、サルベージを得意とするこのクリーチャーの真価が出てくる。

  • 相手のカードに触れないリモートデュエマでこのカードを相手に使用すると、効果を無効にされるので注意。
  • 読者公募のスペシャルズならではの、競合他社製品である「遊☆戯☆王OCG」のドラゴンを彷彿とさせるネーミングを持つ。
    • また、「龍竜」とほぼ同義の漢字2つに「ドラゴン」のルビを当てるという点も特徴的と言える。
  • イラストコンテストで提出された原画ハガキには「ダークアイコマンドドラゴン」という実在しない種族であることが説明されている。
    また、原画のハガキに書き加えられた設定によると100個以上の目と約40枚の羽根があるという。

収録セット [編集]

参考 [編集]