黒神龍(こくしんりゅう)ベルザローグ》 [編集]

黒神龍ベルザローグ SR 闇文明 (9)
クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ 14000
T・ブレイカー

DM-15で登場したドラゴン・ゾンビ
サイズが大きいこと以外に特にこれと言った特徴の無いファッティ

《グラディアン・レッド・ドラゴン》《ガウレザル・ドラゴン》等と比べるとコストパフォーマンスはまだマシだが、特殊能力無しの準バニラは冷遇されており、このカードもその例に漏れず使われることは少ない。

現在では、同コストにパワー23000でQ・ブレイカー《緑神龍ディルガベジーダ》が登場してしまっており、文明の違いを考慮してもスケール不足な感は否めない。

それらと比べた時のメリット種族ドラゴン・ゾンビであること。《邪龍秘伝ドラゴン・ボーン》墓地からコスト踏み倒しできるので、早期にバトルゾーンに出すこと自体はそう難しくない。

だが、1コスト下には除去サルベージができる《偽りの名 ヤバスギル・スキル》がいるため、大抵はそちらが使用される。【グールジェネレイド】でも、《マイキーのペンチ》リアニメイトして1ショットキルを狙うために《魔龍バベルギヌス》が採用されることが多く、立場はなかなか厳しい。

もっとも、ドラゴン・ゾンビには珍しいパワー偏重のカードなので、豪快さを求めてこちらを使ってみるのも悪くないかもしれない。《超竜バジュラ》《聖霊王アルカディアス》に殴り返されないだけのパワーは持っており、出されると意外と対処に困るカードである。

ただし、出しただけでは何の仕事もできない点には注意。召喚酔いでもたついている間にブロッカー除去で対処されてしまうことも珍しくない。

あえて使う場合は《黒神龍グールジェネレイド》墓地に落として除去を牽制したり、何らかのカードスピードアタッカーにするなどの工夫が必要だろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

黒神龍ベルザローグ R 闇文明 (9)
クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ 14000
T・ブレイカー
バトルゾーンに出た時、相手は自身の手札を2枚捨てる。

DMPP-07で、レアリティレアになって登場した。cipで2枚セルフハンデス(コスト5の《デモニック・バイス》相当)が追加された。
TCG版の時点でコスト論よりパワーが1000上回っていたが、その変更によりそれ以上にコスト論を上回るスペックを持つことになった。

コストの重さは相変わらずだが、バトルで負けることはほぼなく反撃の手札を刈り取りながら現れるファッティは中々に強力。

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-15DMPP-07
    この龍は闇に潜むのではない。この龍こそが闇なのだ。
  • DMX-19
    闇。それはなにも見えないということだと人々は考えた。闇を恐れた人々は、対抗するために光を生み出し、自分たちを導いた。人の意志こそが真の光である。...だが、人智を超えた闇そのものを相手にしては、意志の力もただただ儚い。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]