龍神(りゅうじん)メタル》 [編集]

龍神メタル P 火文明 (7)
クリーチャー:ゴッド/アーマード・ドラゴン 7000+
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、バトルゾーンにある相手のクロスギア1枚か、相手のマナゾーンにあるカードを1枚選び、持ち主の墓地に置いてもよい。
G・リンク:《龍神ヘヴィ》または《破壊神デス》の右横
このクリーチャーは、リンクしている時「T・ブレイカー」を得る。
このクリーチャー、《龍神ヘヴィ》、《破壊神デス》の3体がリンクしていて《破壊神デス》がバトルゾーンを離れた時、このクリーチャーを《龍神ヘヴィ》とリンクしてもよい。

DMC-40で登場したゴッド/アーマード・ドラゴン

cipマナクロスギア1つを墓地送りにできる。

クロスギア除去できるアーマード・ドラゴンはこれが初。相手によっては《バジュラズ・ソウル》《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》除去するのに役立つ。

それらを使わない相手にはランデスを行うことができる。マナブーストで早めに撃ち込んでやると効果的。状況に合わせて使い分けられるので効果が無駄にならずに済む。

《破壊神デス》《龍神ヘヴィ》、それら名前集合のクリーチャーとG・リンクもしくはトライ・G・リンクすることが可能。特に《龍神ヘヴィ》リンクすると強力であり、パワー12000となった自身に相手クリーチャーを自爆特攻させることができる。

《破壊神デスペラード》リンクしても強力であり、攻撃時にパワー12000未満のクリーチャー破壊するQ・ブレイカーとなる。

後に登場した《暗黒破壊神デス・フェニックス》メテオバーンにより早ければ3ターン目にも呼び出しランデスできる様になった。次のターンに《龍神ヘヴィ》等でこれを墓地に戻せば2回目のメテオバーンによる継続的なランデスで追い詰めることも可能。

リンク時の能力T・ブレイカーの追加という他の2体とはあまりシナジーしない地味なもの。「ヘヴィ・デス・メタル」のパーツでも堅実で腐りにくい能力を持っているため、単体でも十分運用できる。

登場時の環境で使われていた頃は、破壊されると《黒神龍グールジェネレイド》の自己リアニメイトの条件を満たす点から、積極的に同時採用された。

光臨ゴッドをサポートできる《神来のイザナイ 日蓮》で出せる点も注目したい。

  • 一番下の能力は「ヘヴィ・デス・メタル」の状態で真ん中のデスを切り離した場合のための能力。G・リンクによるリンクは通常場に出たときしか使えないので、このような効果がないとメタルとヘヴィが独立した1体ずつのクリーチャーの状態になってしまう。

リンク対象 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分のリンクしている《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《カワモリデン/リーフストーム・トラップ》の呪文側を唱えました。自分は《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》を選び、状況起因処理により《龍神ヘヴィ》のみをマナゾーンに置こうとしましたが、この《龍神ヘヴィ》はタップした状態でマナゾーンに置かれますか?
A.はい、タップした状態でマナゾーンに置かれます。バトルゾーンにある時は闇と火の多色クリーチャーでしたので、タップ状態で置かれます。また、置く時点では多色ですが、置いたカードは単色のカードですので、「スペース・チャージ:多色」はトリガーしません。
(総合ルール 803.1b[1]
引用元

Q.自分のリンクしている《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》がバトルゾーンにいる状況で、相手は《執拗なる鎧亜の牢獄》を唱えました。自分はリンクしている《龍神ヘヴィ》を手札に戻し、手札からは《龍神メタル》が捨てられました。この場合、どうなりますか?
A.手札に戻したクリーチャーは《龍神ヘヴィ》ですので、《龍神メタル》が捨てられた場合、何も起きません。
引用元

Q.リンクしている《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》と、《龍神ヘヴィ》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《天使と悪魔の墳墓》を唱えました。この場合、どうなりますか?
A.リンクしている《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》と、《龍神ヘヴィ》が破壊されます。リンクしている《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》は、《龍神ヘヴィ》の名前も持っていますので、《天使と悪魔の墳墓》の効果で破壊されます。
引用元

Q.リンクしている《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》がバトルゾーンにいる状況で、《∞龍 ゲンムエンペラー》がバトルゾーンに出ました。リンクは解除されますか?
A.いいえ、解除されません。リンクしている《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》のコストは12です。
(総合ルール 803.1b[1]
引用元


[1] リンクしたゴッドは、1 体のクリーチャーとしてそれを構成する各ゴッドの名前、能力、文明などの特性をすべて持つものとして扱います。ただし、それを構成する各カードの個別の特性を変更させるものではなく、集合体として 1 体のクリーチャーとして扱うことに注意してください。