20th(トゥエンティース)SP(スペシャル) じーさん》 [編集]

20thSP じーさん P ?/?文明 (10)
クリーチャー:ヒューマノイド邪/ヒューマノイド 21300
G・ブレイカー(このクリーチャーは、相手のシールドをすべてブレイクし、その攻撃の後、自分のシールドをすべてブレイクする)
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から20枚をシールド化する。
自分の孫がゲームに負ける時、または相手が勝つ時、かわりにこのクリーチャーを破壊する。

別冊コロコロコミック2021年8月号で登場した[[]]/[[]]のヒューマノイド邪/ヒューマノイド

cipシールド追加を20枚も行うG・ブレイカー
さらに自分のがゲームに負ける時と相手が勝つ時にかわりにこのクリーチャー破壊する敗北回避能力も持つ。

cipシールド追加20枚は強制であり、コスト10のこのクリーチャーを普通に召喚して出すとそのままライブラリアウトで負けてしまう。
さらに、スピードアタッカーを持たないためG・ブレイカーを決めるのに1ターン必要であり、次ターンの通常ドローなどで更に山札が減ってしまう。
またG・ブレイカーなので増やしたシールドは全てブレイクされる。
これをデメリットと捉えるか大量の暴発を狙えるメリットと捉えるかはプレイヤー次第だろう。

敗北回避能力を持っているが対象が「自分」ではなく「自分のがゲームに負ける時」と「相手が勝つ時」であり、ライブラリアウトなどで自分が勝手に負ける場合は能力を発揮しない。
仮に自分が対象だったとしてもこの能力では山札を回復できないためライブラリアウトによる敗北を解消しきれず再び敗北してしまう。

  • 単独で《光霊姫アレフティナ》エクストラウィン条件を達成出来る初のカード。
    勝利と敗北が同時に発生した場合勝利が優先されるため、《アレフティナ》が既に存在し、このカードのcipでデッキが0枚になった場合も勝利出来る。
  • 《轟破天九十九語》などを使い、出ることによって起こる効果はすべて無視された状態で《20thSP じーさん》を出せば、単純に敗北回避能力(「相手が勝つ時」の部分)だけを活用することができる。

余談 [編集]

《インビンシブル・ナーフ》で、ゲームの当事者以外が撃ったダーツがシールドに当たったとしても、そのシールドは焼却されないという回答が存在する
このことから考えると、自分がゲームに負ける時、そのプレイヤーの祖父や祖母がゲームの外部にある《20thSP じーさん》を破壊して孫の敗北を置き換えることはできない。

  • 正式な方法で「自分の孫がゲームに負ける時」を使うには、次のうちいずれかに該当する必要がある。
    • 対戦相手が孫で、自分がゲームに勝つ時
      • 強制効果なので、祖父母側の《20thSP じーさん》の数だけ孫は敗北回避をすることができる。
    • 多人数戦で、孫がゲームに参加している時
    • 祖父母と孫の2人以上が協力した状態を1人分のプレイヤーとみなしてゲームを行っている時

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]