Black(ブラック) Lotus(ロータス) [編集]

Black Lotus P 無色 (0)
Mono Artifact
このArtifactがバトルゾーンに出た時、封印を3つ付ける。(カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く)
自分のターンのはじめに、このArtifactに付けた封印を1つ、自分の山札の一番下に置く。
このArtifactの封印がすべてなくなった時、これを自分の墓地に置く。このターン中、次にカードを使う時、そのコストを最大3少なくしてもよい。ただし、コストは0より少なくはならない。

DMEX-08で登場したMono Artifact

メインデッキに入るカードとしては史上初のコスト0であり、新しいカードタイプMono Artifact」を持つ。

コスト0の無色なので、マナゾーンカードが例え0枚でも、手札にあれば即座にプレイできる。

バトルゾーンに出た際に自身に封印を3つ付けるが、無色なのでコマンドを出して封印を外すことはできない。
また、非クリーチャーであるため封印されていても無視されず、かつ《禁断〜封印されしX〜》のように離れない能力を持っていないので、カード指定除去耐性がないという欠点がある。
一応、除去されても封印は全て墓地に行くので、墓地肥やしとして使うことも視野に入る。

ターン開始ステップに自身に付いた封印を1枚山札の下に置き、封印が全てなくなった際に自身を墓地送りにする。すると次にプレイするカードを3コスト軽減できる。

一切マナブーストしないデッキであっても、4ターン目には7コストのカードが使えるようになる。手札消費を抑えながらコンボデッキの始動に使うのもいいだろう。
さらにマナブーストと併用すれば4ターン目に10コストのカードをプレイできる。例えば【5色フェアリー・ミラクル】では《古代楽園モアイランド》の早出しに活かすなどが考えられる。

しかし、4ターン目に発動するには初手にこのカードを引いておく必要がある。中盤以降に手札に加わっても3ターン後にはゲームが終わることも多く、マナに置いてもにもならないので、考えなしに積めるカードではないだろう。
効果は強制かつターン内の最初に使うカード限定。よって、妨害を受けて指定ターンに目当てのカードが使えないと無駄撃ちに終わる難点も抱えている。

ルール [編集]

カードタイプとしてはバトルゾーンに存在できるため、《デュエマの鬼!キクチ師範代》などで封印を付けるのを妨害された場合、バトルゾーンに残り続ける。

  • 封印はどのような方法で剥がしても能力が起動する。カード指定除去で誘発を早めることもできる反面、相手ターン中に封印が全てなくなってしまうと効果が無駄になってしまうので注意。

環境において [編集]

効果が判明した当初はパワーカードとして注目され、中でも【モルト NEXT】の新戦力として期待された。また【クラッシュ“覇道”】では《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》B・A・Dと合わせて5ターン目に着地させる型も考案された。
ところが実際には、2ターン目以降では環境の速度的に手遅れとなり、初手に引けるかどうかに活躍が依存しやすいことから目立った活躍はなかった。

その他 [編集]

  • このカードはノーコストでプレイすることになるが、このカードに反応するコスト踏み倒しメタは現時点で存在しない。また、何らかの手段でカードコストが上げられてしまった場合、上がった分のマナタップしなければならないが、このカードのコストを上げるカードも現時点では存在しない。それどころかこのカードのプレイを妨げるカードも存在しない。手札にさえあれば、どんな状況下でもメインステップでプレイできる。
  • 元ネタはMagic:The Gathering黎明期に登場した同名のカード、《Black Lotus》。本家もコストが0のカードで、生贄に捧げるだけで無条件で好きな色のマナを3つ生み出すことができる。MTG黎明期に猛威を振るったカード群『パワー9』の1つである。
  • デュエル・マスターズのルールで見ても強力な能力であり、さすがにそのままの再現はされていない。「効果が発動するまで3ターンかかる」という調整の仕方は《睡蓮の花/Lotus Bloom》を元にしていると思われる。
  • カードタイプのMono Artifact(モノ・アーティファクト)は、1ターンに1回しか起動できない能力を持つアーティファクトの事を指す。
    黎明期にのみ存在した用語であり、94年以降は全てアーティファクトに統一されているため現在のルール上は存在しない。デュエマでのコラボにおいては、オリジナルにならった表記をとっている。
  • 封入率がDMEX-08では1カートン(18BOX)に1枚にも満たないと噂されるほど低く、シングルカードの相場は異常な価格になっている。
    • なお、本家のBlack LotusはMTGで最も相場の高いカードとされていて、比較的流通数の多い後期版(白枠)でも数十万円、初期版(黒枠)の美品は数百万円で取引される事もある。
      • しかもBlack Lotusはこのカードをモデルにした様々なLotus派生カードが存在するが、「Lotusは能力にかかわらずLotusというだけでコレクターに人気がある」と言われるほどであり派生カードすら高額の値段が付く。おそらく環境で活躍しなかったデュエマ版のシングルカードの価値と人気が異様に高いことにも影響しているのだろう。必ずしもカードパワー環境での活躍だけがカードの価値ではないのである。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.封印の付いた《Black Lotus》を、カードを選ぶ効果で選ぶことは出来ますか?
A.はい、出来ます。封印の付いたクリーチャーは無視されますが、これはクリーチャーではないので無視されません。
引用元

Q.封印の付いた《Black Lotus》を、《龍脈術 落城の計》などのカードを選ぶ効果により手札に戻しました。この場合、《Black Lotus》に付いていた封印はどうなりますか?
A.墓地に置かれます。《Black Lotus》のみが手札に戻り、封印は単体でバトルゾーンに存在できないため、状況起因処理によって墓地に置かれます。《Black Lotus》が他のゾーンへ移動した場合も同じで、封印は墓地に置かれます。
引用元

Q.《デュエマの鬼!キクチ師範代》がバトルゾーンにいる時に《Black Lotus》をバトルゾーンに出した際、封印を置けなかった《Black Lotus》はどうなりますか?
A.バトルゾーンに置かれたままになり、コスト軽減も発生しません。《Black Lotus》が持つ「このArtifactの封印がすべてなくなった時」の能力は、最後の封印が外れた時にのみ発動します。
引用元