D(ディー)夜街(やがい) ファンキー・ファンキー・タウン》 [編集]

Dの夜街 ファンキー・ファンキー・タウン R 闇文明 (6)
D2フィールド
このD2フィールドを展開する時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、このD2フィールドを展開するコストを2少なくする。
自分のクリーチャーが破壊された時、カードを1枚引く。
Dスイッチ:自分のターンのはじめに、ゲーム中に一度、このD2フィールドを上下逆さまにしてもよい。そうしたら、このターン、自分の墓地にあるクリーチャー1体につき、相手のクリーチャーすべてのパワーを-1000する。
(他のD2フィールドをバトルゾーンに出した時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)

DMEX-12にて登場したD2フィールド

展開する時に手札を1枚捨てると2コスト軽減できる。自分のクリーチャー破壊されると1ドローし、Dスイッチで自分の墓地クリーチャー1体につき敵獣すべてをパワー低下-1000する。

自分のクリーチャーの自壊やスーサイドを多用するデッキであれば、比較的除去されにくいD2フィールドであることと相まって優秀な置きドローとなる。クリーチャーを消耗したそばから手札が装填され続けるので大量のアドバンテージを得られる。

正規の6コストで使うには少々重いので、コスト軽減効果を活かしたい。手札を1枚捨てる必要があるが、リアニメイトに繋げることができるほか、純粋にDスイッチの足しになるなど、構築次第では大きなメリットに変えることが可能。リアニメイトは5コスト帯に優秀なカードが揃っているので、4→5と自然に繋がる点も見逃せない。

Dスイッチはターンの初めに自分の墓地クリーチャーにつき相手のクリーチャーすべてのパワーを-1000とシンプルながら強烈な効果。
このカードの主戦場となるスーサイドや墓地肥やしに長けたデッキであれば墓地にクリーチャーを貯めるのは容易なので、大型クリーチャーを倒すことも十分狙っていける。邪魔なクリーチャーを一掃し、敵陣がガラ空きになったところで一気に勝負を決めに行きたい。

味方が破壊された時に1ドローする能力強制なのでライブラリアウトには気を付けたい。
闇文明墓地肥やし山札を削りやすいため《歓楽龍 ガルザ・ガルザ・ガルザ》《絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ》などで山札回復を行い調節していきたいところ。

見るからに【黒単ヘルボロフ】の強化パーツとして使って下さいと言わんばかりのスペック。

その他 [編集]

  • 《爆霊魔 タイガニトロ》のフレーバーテキストによると、このフィールドは喜びと死を繰り返すファンキー・ナイトメアの街がフィールドとなったもの、すなわち『デス(Death)&デライト(Delight)フィールド』とのこと。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《Dの夜街 ファンキー・ファンキー・タウン》を展開するとき、手札から《夜露死苦 キャロル》を捨て、墓地に置かれる代わりに手札に戻しました。このD2フィールドを展開するコストは2少なくなりますか?
A.はい、その場合でもコストは2少なくなります。
引用元

Q.《Dの夜街 ファンキー・ファンキー・タウン》のDスイッチ能力を発動した後、自分の墓地のクリーチャーの数が変わった場合はどうなりますか?
A.墓地のクリーチャーの枚数は、Dスイッチ能力を発動して能力が解決したときにだけ数えます。後から墓地のクリーチャーの数が変わっても、パワーをマイナスする効果は増減しません。
引用元