D(ディー)暴毒(ぼうどく) ヴェノミック・ハザード》 [編集]

Dの暴毒 ヴェノミック・ハザード R 闇/火文明 (5)
D2フィールド
自分のターンの終わりに、クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻してもよい。
(他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)
Dスイッチ:自分のターンのはじめに、このD2フィールドをゲーム中で一度上下逆さまにしてもよい。そうしたら、自分の手札からクリーチャーを好きな数捨てる。その数だけ、相手は自身のクリーチャーを選び、破壊する。

DMR-22で登場した/D2フィールド

ターンの終わりにクリーチャー1体を回収でき、Dスイッチクリーチャーを好きな枚数ディスカードする事で、相手クリーチャー選ばせ除去できる。

除去や張り替えがされない限りクリーチャーを回収し続ける事ができるので、【ヘヴィループ】【アッシュランデス】といった味方クリーチャー自壊回収を繰り返すデッキでは活躍が期待できる。
コスト3以下であれば直接リアニメイトできる《激天下!シャチホコ・カイザー》という強力な対抗馬がいるので、主にその対象外となる中量級の自壊クリーチャーを使いまわす事になるだろう。

後にツインパクトが登場すると、呪文面を使えば自然と墓地に落ちるツインパクトを回収できるということで、手札補充手段としては疑似的な《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》とも言うべき使い勝手を魅せるようになった。

  • 後に《異端流し オニカマス》が登場すると、アンタッチャブルであるあちらを貫通する選ばせ除去を放てる札としてもその名前が挙がった。尤も、《異端流し オニカマス》はコスト踏み倒しに反応した際の除去がバウンスなので、確かに頭数を増やすことはできないがクリーチャーの再利用によりcipを繰り返し放つデッキに対しては利敵行為になってしまう。そのため、あちらが【アッシュランデス】【ヘヴィループ】にとって一概に目の上のたんこぶになるとは言い難い。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]