D(ディー)森域(しんいき) フィオナ・ザ・ハート》 [編集]

Dの森域 フィオナ・ザ・ハート R 自然文明 (4)
D2フィールド
自分のクリーチャーが攻撃される時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。それがドリームメイトなら、攻撃を中止する。
Dスイッチ:相手のターンのはじめに、このD2フィールドをゲーム中に一度上下逆さまにしてもよい。そうしたら、このターン、相手のクリーチャーが攻撃する時、そのクリーチャーは可能ならクリーチャーを攻撃する。
(他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)

DMEX-12で登場した自然D2フィールド

自分のクリーチャーへの攻撃に反応してマナブーストを行い、そうしてマナゾーンに置かれたカードがドリームメイトなら攻撃中止させ、Dスイッチでそのターン中自軍のクリーチャーへの攻撃誘導を行う。

最低でもマナを増やすことができるとはいえ、効果を発動させる主導権が相手にあるため、かなり受動的。
もっとも、攻撃誘導でシールドを守ることができ、さらに条件を満たせばクリーチャーごと守ることも可能。

効果を発揮させたいのなら、《ドリームフェスタ・エナジー》を使って、あえてスキを作るのもアリ。
こちらもマナブーストが行えるので、一気に大量のマナを確保するのも難しくない。

ただ、それ以外には耐性を持たないので、アンタッチャブルを持たせられる《森夢龍 フィオナ・フォレスト》でカバーするのが自然。

ドリームメイトは基本的にパワーが低いため、一方的に殴られるケースもあり、《ジェネラル・クワガタン》によるクリーチャーの補充、さらには《森の特攻隊長ペンペン中尉》で破壊されてもマナ送りさせるなどの対策を講じておきたい。

3マナ域までウィニーを並べて、4マナに達したらこのD2フィールド展開してごり押しを行うのが【ドリームメイト】における正しい使い方の1つか。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《Dの森域 フィオナ・ザ・ハート》のDスイッチを発動したターン、相手が「スピードアタッカー」を持つクリーチャーをバトルゾーンに出しました。そのクリーチャーはこの効果の影響を受けますか?
A.いいえ、後から出たクリーチャーは影響を受けず、プレイヤーを攻撃することもできます。
引用元