D2M(ディーツーエム) マグラカヅラ》 [編集]

D2M マグラカヅラ SR 闇/火文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド・ドラゴン/マスター・イニシャルズ/アクミ団 7000
スレイヤー
W・ブレイカー
革命チェンジ:闇または火のドラゴン
このクリーチャーがどこからでも墓地に置かれた時、バトルゾーンに自分のD2フィールドがあれば、このクリーチャーを自分の墓地から手札に戻す。

DMR-22で登場した/デーモン・コマンド・ドラゴン/マスター・イニシャルズ/アクミ団

革命軍を裏切り、イニシャルズとしてD2フィールドがあればパワーアップする力を得た《悪革の怨草士 デモンカヅラ》。種族も革命軍が消えてマスター・イニシャルズとなった。
新たにスレイヤーを持つようになり、(条件付きとはいえ)バトル中の破壊耐性のあった《悪革の怨草士 デモンカヅラ》とは対照的である。

D2フィールドが場にあれば《夜露死苦 キャロル》よろしく、どこから墓地に置かれても手札に戻ってくるカードとなる。
これにより、元になった《悪革の怨草士 デモンカヅラ》アクミ団cipを事実上ノーコストで使ったり、《牙神兵ガンガン・マンモス》無限アタッカーにしたりと、ディスカードと組み合わせたコンボが組める。
《Dの暴毒 ヴェノミック・ハザード》のマスターであり、あちらのDスイッチ捨てるカードとしては最適。

単純に「革命チェンジから現れるモヤシを持つスレイヤー」として運用する場面もあるだろう。スピードアタッカーから繋げればこちらのディスアドバンテージは一切なしに突然相手のクリーチャーを葬れる。

当然だが革命チェンジD2フィールドも利用しなければ《黒神龍ハルヴェルド》と大差ない準バニラに成り下がる。使いたい戦略に合わせ、革命チェンジ先やD2フィールドを常に確保できる構築を心がけると良いだろう。

  • 《D2M マグラカラ》ではないので注意。
  • カードイラストには三頭の根っこの部分に禁断文字で「DLF」と描かれている。詳細は不明だが、それぞれ一文字ずつ、マグラカヅラの三頭に対応している何かしらの単語の頭文字であると思われる。
    • 真ん中の頭は形が百合の花に似ており、「Lily」ではないかという考察も。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]