D2W(ディーツーダブル) ワイルド・スピード》 [編集]

D2W ワイルド・スピード SR 水文明 (7)
クリーチャー:ソニック・コマンド/マスター・イニシャルズ 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を見る。その中からコスト6以下の進化ではないクリーチャーを1体、バトルゾーンに出してもよい。残りを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。
バトルゾーンに自分のD2フィールドがあれば、自分のクリーチャーはすべて、種族にソニック・コマンドを追加する。

DMR-22で登場したソニック・コマンド/マスター・イニシャルズ

連鎖のように山札の上からクリーチャーコスト踏み倒しする能力を持つ。

連鎖と違い進化クリーチャーは踏み倒せないが、2枚の中から選べるようになっており、安定性が向上している。

さらに、自分のD2フィールドがある間、自分のクリーチャー全員をソニック・コマンド化する能力を持つ。1番目の能力と組み合わせると、「cip山札からコマンドを踏み倒す」能力となる。

これら一連の能力は同弾の《禁断機関 VV-8》および《Dの機関 オール・フォー・ワン》とのデザイナーズコンボとなっている。
《Dの機関 オール・フォー・ワン》Dスイッチでこのクリーチャーcipを2回使うと、コマンドが計3体バトルゾーンに出る。これで《禁断機関 VV-8》の3枚の封印を一気に全て外すことができるというわけである。

逆に、禁断機動戦略以外で2つの能力の組み合わせが活きる場面は少ない。
コマンド付与にはコストも条件もより軽い《宇宙 タコンチュ》がすでに存在しているため、侵略に使う場合はそちらが優先されてしまう。よって、1番目の擬似連鎖を活かせるデッキに入れるのが良いだろう。《サイバー・G・ホーガン》激流連鎖から繋がるのはかなりの強みである。

  • 実はこのカード、第10話よりOP・EDが変わったアニメ「VSRF」のEDムービーにて、No.2の後ろに控えるクリーチャーとして先行登場している。映像を注意深く観察した方の中には、見慣れないクリーチャーの存在に気付いた方もいるのではないだろうか。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]