D2W(ディーツーダブル) ワンダーワープ》 [編集]

D2W ワンダーワープ SR 水文明 (6)
クリーチャー:マジック・コマンド/マスター・イニシャルズ  6000
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のD2フィールドがバトルゾーンにあれば、自分の墓地にあるクリーチャーをすべて山札に加えてシャッフルする。その後、それと同じ枚数、カードを引く。

DMX-23で登場したマジック・コマンド/マスター・イニシャルズ

D2フィールドがあればcipで自分の墓地にあるクリーチャーをすべて山札に戻してドローができる。

墓地にあらかじめクリーチャーがあればあるほど手札が増えるため、墓地回収の亜種と考えることもできる。回収のためのコスト《漆黒戦鬼デュランザメス》などに比べればはるかに軽く、同パックの《ワンダーチューン・MOTORS》などで落としたクリーチャーを2~3体戻せば元は十分取れる。

ブロッカー持ちである点も地味に《ワンダーチューン・MOTORS》シナジーを生んでおり、ブロック時のバトルによる墓地肥やしに加え、ブロッカー破壊を受けた場合にも次の《D2W ワンダーワープ》の能力の種にすることができる。

弱点はほかのマスター・イニシャルズ同様D2フィールドがないと弱体化してしまうこと。このクリーチャーの場合、バトルゾーンに出るタイミングでD2フィールドが存在しなければならず、外した場合に残る能力ブロッカーのみと非常に心もとない。

また、仮に発動できたとしても墓地クリーチャーがいなければ全く効果がないのも気になる。《ワンダーチューン・MOTORS》だけで十分墓地を増やせるとは限らないので、《戦略のD・H アツト》《怒りの赤髭 ゴセントラス/目覚めし鋼牙のブレイン》による墓地肥やしのサポートは必要だろう。

  • 今までのマジック・コマンドも様々な姿をとってきたが、このクリーチャーのイラストはどちらかというとソニック・コマンドに非常に良く似ている。フレーバーテキストの示す「特別な意味」と関係があるのだろうか。「W」の字形も「VV(Vを2つ並べた形)」に由来する。その後「W」のイニシャルズはのソニック・コマンドが中心になったため唯一の「W」のイニシャルズのマジック・コマンドになってしまった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMX-23
    「W」のイニシャルは特別な意味を持っていた。

収録セット [編集]

参考 [編集]