DG(ディージー)-パルテノン〜 (りゅう)(つく)()される()〜》 [編集]

DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜 R 無色 (2)
DGフィールド
このDGフィールドをバトルゾーンに出した時、カードを1枚引く。
すべてのプレイヤーは、各ターン、クリーチャーを3体までしかバトルゾーンに出せない。
すべてのプレイヤーは、各ターン、呪文を3枚までしか唱えられない。

DMEX-12にて登場した無色DGフィールド

キャントリップを持ち、2ターン目に手札消費無しでメタを立てることができる。
メタ能力は、各プレイヤーはクリーチャーを1ターンに3体までしかバトルゾーンに出せず呪文を3枚までしか唱えられないというもの。

D2フィールドと違い何枚でも場に出すことができる。能力上は除去耐性こそないが、D2フィールドのように張り替えでの除去は許さない。

ただ、ドラグハート龍解してクリーチャー面に裏返すなど、クリーチャーをバトルゾーンに出している訳ではないケースに関してはノータッチ。

複数枚展開するだけで大量展開やループを主軸としたデッキは苦戦を強いられるだろう。カード指定除去を持たない限りループ系統はまずコンボ成立には至れない。
無色なのでデッキを選ばないが、《閃閃-ダセンゼ》などと違い自分にも効果がかかるので、コントロール系統のデッキの様なこのカードロックがかかりづらいデッキに採用したい。

環境において [編集]

DMEX-12期にはこれを入れた【青黒緑シャコガイル】チャンピオンシップ優勝が報告された。ただ、そちらのデッキにおいては終盤に軽量呪文を連打することも多いので、ロックとの共存は若干シビア。

登場時の環境では【カリヤドネループ】【“B-我”ライザ】にある程度刺さるが、前者は《龍脈術 落城の計》のような対策札を持っており、後者も3体出した次のターンにフィニッシュする程度のことはできるため、絶対的なメタカードとは言えない。

コンボデッキを苦手とする低速系統の場合、それこそ【5色蒼龍】のように無色と強いアンチシナジーを形成するデッキにすら入る。低年齢層環境では【赤黒バクロ法師】タッチする場合もある。

その他 [編集]

  • 単なるビートダウンでも、クリーチャーは案外簡単に3体上限に達してしまう。侵略ならスピードアタッカー進化元+2枚重ねるだけで打ち止めになる。他にもキリフダッシュマジボンバーなどで誤って上限を超えたりしないよう注意したい。
  • MtGのカード《秘儀の研究室/Arcane Laboratory》を元に開発されたようだ。→参考
    あちらはカード種別を問わず1ターンに1枚しかカードを使うことができない。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.クリーチャーを3体バトルゾーンに出して、そのターンに《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》をバトルゾーンに出しました。そのターンにまたもう1体のクリーチャーをバトルゾーンに出すことはできますか?
A.いいえ、できません。
ターン中、《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》をバトルゾーンに出す前に、バトルゾーンに出したクリーチャーも数えます。
引用元

Q.クリーチャーを4体バトルゾーンに出した後、そのターンに《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》をバトルゾーンに出しました。どうなりますか?
A.何も起こりません。各ターンにクリーチャーをバトルゾーンに出すことを制限しますが、既にバトルゾーンに出したあとのクリーチャーには何もしないためです。
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》が出ていて、既にこのターンにクリーチャーを2体召喚してバトルゾーンに出しています。続けて自分が《ヘブンズ・ゲート》を使用した場合はどうなりますか?
A.その場合、手札から1体だけバトルゾーンに出すことができます。
引用元

Q.自分は呪文を既に2枚唱えています。バトルゾーンに《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》がある状況で自分の《混沌紳士 トリックスタァ》の「出た時または攻撃する時」の能力で3枚の呪文を墓地に置き、1枚目で《龍脈術 落城の計》を唱えて《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》を手札に戻しました。この場合、選んだ2枚目、3枚目の呪文は唱えられますか?
A.はい、唱えられます。
引用元