DROROOON(ドロローン)・バックラスター》 [編集]

DROROOON・バックラスター SR 火文明 (4)
クリーチャー ビートジョッキー/ワンダフォース 4000+
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。
自分のGRクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
バトル中、このクリーチャーのパワーを+2000する。

DMRP-11で登場した火のビートジョッキー/ワンダフォース

cipGR召喚し、GRクリーチャーがバトルゾーンに出るたびに任意で相手クリーチャー1体とこのクリーチャーを任意で効果バトルし、バトル中このクリーチャーのパワーを+2000させる能力を持つ。

《爆炎シューター マッカラン》が1コスト増えてGR召喚がついたスペック。【赤白ミッツァイル】で使うにはコスト4と重いため、超GRを使ったコントロールでの繋ぎとしての活躍に期待したい。
《KAMASE-BURN!》効果バトルに近いものをcipトリガー能力で行えるとも言える。そちらとはバトルさせるのはこのクリーチャーになるという違いがあるが、むしろどのGRクリーチャーがめくれてもパワー6000でのバトルに持ち込める点で上回っている。

能力自体は強力で、こちらがGR召喚を行うたびに相手のパワー6000未満のクリーチャーをなぎ倒していける。このクリーチャーをバトルゾーンに出すだけでもGR召喚とパワー6000以下の相手クリーチャー1体の火力除去ができる。少しずつGRクリーチャーを並べるのが普通な上にフィニッシュに大量のGRクリーチャーが必要な【青黒GRハンデス】などに対しては、ゲームエンド級の除去となるだろう。
【除去コントロール】向けのスペックではあるが、パワー6000には相打ち、6000を上回るW・ブレイカーT・ブレイカーたちには対処できないため、そうしたクリーチャーばかりを主力にしたデッキには分が悪い。

シールド戦トッキュー8では出ただけで3体分のフィールドアドバンテージを取り、以降も継続的に除去を飛ばす圧倒的存在。それらのフォーマットではDMRP-11最強と言うべきであり、特にシールド戦では構築を歪めてでも採用すべき1枚。

環境において [編集]

登場から【“B-我”ライザ】【青赤緑ミッツァイル】【4色ミッツァイル】で使われている。

重量級マナドライブGRの多くや【青黒GRハンデス】と相性の良い軽量級GRクリーチャーの多くがパワー2000以下であり、これは《無修羅デジルムカデ》を装着しても相討ちになる。つまりこのカードの影響で《無修羅デジルムカデ》が環境から半ば死滅したのである。DMEX-07期になると【青黒GRハンデス】でも《無修羅デジルムカデ》を1枚程度に抑える構築がざらになり、そう考えるとその影響力の程が分かるだろう。

除去札として4コストは重いという懸念もあったが、【赤白サンマックス】などが事故を起こして止む無くウィニーを並べてお茶を濁しているところに《BAKUOOON・ミッツァイル》による大量GR召喚を合わせるとゲームエンド級の除去になるということが登場後に浸透。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]