Dis(ディス)ジルコン》 [編集]

Disジルコン R 水/闇/自然文明 (3)
クリーチャー:スピリット・クォーツ/ディスタス 3000
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
このクリーチャーを、自分のマナゾーンまたは墓地から召喚してもよい。
このクリーチャーが出た時、カードを2枚引き、自分の手札を1枚捨てる。

DMRP-17で登場した//自然スピリット・クォーツ/ディスタスクリーチャー

マナ召喚墓地召喚も可能なブロッカーで、おまけに攻撃も出来る。
cipで2ドロー1ディスカード手札交換を行う。

ブロッカーとしての性能はそこそこ程度だが、破壊されようがマナ送りにされようが自力でバトルゾーンに戻ってこれるチャンプブロック上等のスペック。
何度も復活可能な性質上から単にしぶといブロッカーというだけでなく、cipの手札交換も複数回の使用を試みることが可能。

また、序盤にマナ基盤としてマナゾーンに置いても、後から余ったマナで手札調整や防御に回せる点は小回りが利く。
ブロッカーが不足しがちでマナ基盤の重要性が高い【5色コントロール】などとは相性が良い。

同コストの青黒緑には《天災 デドダム》も存在するが、あちらとはまた異なる運用が可能である。

ルール [編集]

環境において [編集]

DMSP-04期のアドバンスチャンピオンシップではこれを入れた【青黒緑シャコガイル】が優勝している。終盤にマナに貯まったこのクリーチャーを連打することで《水上第九院 シャコガイル》エクストラウィンを補助できるのが大きい。

速攻系統が息切れしたところに合わせると延々と耐久出来るため、【4色アダムスキー】にも採用されることがある。【我我我ブランド】の場合はフィニッシャー格を除けばパワー負けする相手があまりいないため、バトルゾーンに残すこともタイミングによっては比較的容易。

そして2021年7月1日殿堂レギュレーション改定を機に、アドバンスのトップメタを支配するようになった【ゼロ・ルピアループ】のパーツとして大成を見た。オリジナルでも《天災 デドダム》と異なり山札掘削がドローであることを活かして《水上第九院 シャコガイル》型においてエクストラウィン補助を担当する。

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.バトルゾーンに自分の《Disジルコン》《デスマッチ・ビートル》がアンタップ状態でいる状況で、相手のクリーチャーが自分に攻撃してきました。その攻撃に対して、まず《Disジルコン》の「ブロッカー」を使い、それに対してさらに《デスマッチ・ビートル》の「ガードマン」を使って、攻撃先をプレイヤーから《デスマッチ・ビートル》に変更できますか?
A.いいえ、できません。プレイヤーへの攻撃に対して「ブロッカー」は使用できますが、「ガードマン」は使用できません。攻撃先を変更する能力を複数使用する場合は、能力を使うクリーチャーを同時に選ぶ必要があり、かつ、それらの能力がすべて適正に使用できる状態でなければいけません。
(総合ルール 507.1a[1]
引用元


[1]
ブロッカーやガードマンなど、攻撃先を変更する能力を使用したい場合、非ターン・プレイヤーはその能力を使用できる1体以上のクリーチャーを選びます。複数体を選ぶ場合は同時に選びます。選ぶクリーチャーは、適正にその能力を使用できる状態でなければいけません。攻撃先を変更する能力を使用するために何らかの条件を必要とするクリーチャーは、その条件を満たせない状態では選ぶことができません。
 例:ブロッカーを持つタップ状態のクリーチャーを、能力を使用するクリーチャーとして選ぶことはできません。
 例:相手のクリーチャーがプレイヤーを攻撃している場合、ガードマンを持つクリーチャーを、能力を使用するクリーチャーとして選ぶことはできません。他にブロッカーを持つクリ ーチャーがいたとしても同様です。
 例:「ブロックされない」能力を持つクリーチャーが攻撃している場合、ブロッカーを持つクリーチャーを選ぶことはできません。
 例:アンタップ状態のブロッカーを持つクリーチャーが攻撃されている状況で、その攻撃されているクリーチャーは、ブロッカーを使用するクリーチャーとして選ぶことはできません。