HAJIKERO(ハジケロ)・バクチック》 [編集]

HAJIKERO・バクチック VR 火文明 (4)
クリーチャー:ビートジョッキー/ワンダフォース 4000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、または攻撃する時、GR召喚する。そのGRクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。そのターンの終わりに、そのGRクリーチャーを破壊する。

DMRP-09で登場したビートジョッキー/ワンダフォース

cipアタックトリガーGR召喚する能力を持つ。GR召喚したクリーチャーにはスピードアタッカーが付与され、ターンエンド時に自壊する。

自壊によって自軍のクリーチャーの数が増えない性質上、《原始 トゥリオ》と好相性。

登場時点のカードプールでも自壊デメリットメリットに変えることができる《ロッキーロック》実質コスト2コストスピードアタッカーとして出せれば強力なW・ブレイカー《ドドド・ドーピードープ》など、御誂え向きのGRクリーチャーが存在する。

2ターン目《一番隊 チュチュリス》召喚、3ターン目《ダチッコ・チュリス》→このカード→《“罰怒”ブランド》と繋ぎ、1回目の攻撃でこのカードのアタックトリガーを発動するのが、これを使った3ターンキルの方法の1つ。ここで運良く《“魔神轟怒”ブランド》を捲ればそのまま過剰打点で押し切ることができ、そうでなくとも最低6打点1ショットキルすることができる。

同弾の《龍装05号 イヴィルヴィ/イーヴィル・フォース》呪文面を使えば召喚酔いを克服することができ、3コストで3体のクリーチャーを並べることができる。

ただ、【赤白“轟轟轟”ブランド】で考えると《ヘブンズ・フォース》から踏み倒しによって出す以外では重い。

環境において [編集]

超天篇環境では【クラッシュ“覇道”】における今引きスピードアタッカー枠として使われている。2打点のラインナップが増えたDMRP-10以降は《ゴリガン砕車 ゴルドーザ》に迫るコストパフォーマンスの打点形成要員となっている。勿論【赤白“轟轟轟”ブランド】でも使われている。

《“魔神轟怒”ブランド》が登場すると、4ターン目に《一番隊 チュチュリス》存在下で《ダチッコ・チュリス》→このカード→《BAKUOOON・ミッツァイル》と繋ぎ、《“魔神轟怒”ブランド》の自軍アンタップ能力でこのカードのアタックトリガーを繰り返し利用する型が成立した。

DMEX-07期から【“B-我”ライザ】が環境の主流になると、そちらの主流GR召喚持ちの1つとしても馴染みになった。このカードによるスピードアタッカー付与トリガー能力なので《龍星装者 “B-我”ライザ》本体が除去されても攻めが止まらないという利点がある。

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]